« ロスアンゼルスへの旅 (44) <ものすごい記録> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (46) <ユニバーサル スタジオ> »

ロスアンゼルスへの旅 (45) <いいですねぇ~ ミュージカル>

2012年03月30日

ハリウッド・ハイランドにあるコダック劇場・・・

上演していた ” グリース ” は、すばらしいミュージカルでした。

舞台は、1950年代のアメリカ・・・
避暑地で出会った高校生のダニーとサンディのロマンス・・・

音楽はアメリカの若者には欠かせないロックンロール・・・
10代の若者たちのセンシティブなロマンスを描いた作品ですが、
ロックンロール・ミュージカルというのは、
それまでのブロード・ウェイ・ミュージカルにはなかったのだそうです。

ところで ” グリース ” とは?

脂です。若者たちのリーゼント・ヘアーには欠かせません。


0554.jpg


& 写真は、プログラムの表紙です。


日本では、僕が若かった頃、これをポマードと言って、
これで髪をかため、ととのえるのに使っている人がたくさんいました。

ポマード・・・辞書をひいてみると、これはフランス語で、
” 整髪用のねった香油 ” となっています。

髪を脂でかためるのですから、ベトベトして好きになれません。

このミュージカル、音楽もなかなかよろしい・・・
ヒット曲が始まると、お客さんが歌手と一緒に歌い始めます。

いいですねぇ~こういう楽しみ方・・・

” 愛のデュエット ”  ” グリース ”  ” 愛すれど悲し ”
” 思い出のサマー・ナイツ ”  ” グリースド・ライトニン ” ・・・

ヒット曲が続き、CDの売り上げは800万枚を越えたそう・・・

僕のCDの売り上げは、クラシック音楽家の中では多い方らしいですが、
情けないほどケタが違います。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17770

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック