« ロスアンゼルスへの旅 (42) <ディズニーランド エピローグ> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (43) <何故?> »

<歌う お年寄り>

2012年03月26日

ロスアンゼルスへの旅は1日休みます。

昨日、3月25日、札幌市南区にある老人介護施設、
 ” リラコート愛全 ” で、お年寄りたちのために1時間チェロを弾きました。

75才のチェロ弾きが、50才代から101才の人達に激励演奏・・・


962.jpg


この施設の入居者は100名・・・

通いで来る人も・・・9:00から16:00までここにいて、
仲間と話し合ったり、昼食を共にして夕方帰宅する人・・・
1日平均70名ぐらいいるそうです。

コンサートには、入居者と通いの方、合わせて約100名ぐらいのお年寄りが・・・

皆さんに楽しんでいただこうと、誰でも知っている日本の歌を中心に弾きました。

” ふるさと、赤とんぼ、雪の降る街を、浜辺の歌、夏の思い出、
花の街、春の小川、われは海の子、紅葉・・・ ” 

チェロに合わせて歌うお年寄りたち・・・ 

映画音楽も・・往年の名作の音楽がよいだろう・・・

” マイウエイ、南太平洋から魅惑の宵、ゴッドファーザーから愛のテーマ・・・ ”

ピアニストの矢崎有佳さんは、チェロの伴奏だけでなく、ピアノの名曲、 
” ベートーベンのエリーゼのために、ショパンのノクターン第2番 ” 
を弾いて下さいました。

およそ100名のお年寄りの笑顔が会場にあふれ、
すてきな日曜日の午後のひとときでした。
 

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17753

コメント

25日のコンサート、皆さんの笑顔浮かぶようです。日本の歌の数々を口ずさんで、幸せなひとときだったと思います。
音楽は本当にすばらしいといつも思います!
英順さんの熱い想いも伝わり、いっそう心に響いてきます。

歌子さん、コメントありがとう。

お年寄りが喜ぶ姿を見ていると、
チェロを弾いてよかったなぁ・・・
と、思いました。

僕も、お年寄りですが・・・(笑)

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック