« <歌う お年寄り> | メイン | 東日本大震災チャリティ・コンサート (88) 新札幌ギャラリー »

ロスアンゼルスへの旅 (43) <何故?>

2012年03月27日

海外の街中や、地下鉄の車内などで、よく道などを聞かれるのは何故なのだろう?

その土地を知らない東洋のオッサンが、一人でフラフラしているのに・・・

ニューヨークでは、グラウンド・ゼロへ向かう地下鉄の中・・中国人の若い男性から、

「〇〇へ行きたいんだけど、次の駅で降りればいいのかい?」

僕を中国人と思ったのでしょうかね・・・でも、英語でした。

ウイ-ンでは、夜、リンク通りをブラブラ歩いていると中年の紳士が、

「このあたりで、夜、開いている両替所を知らないかい?」

LA ・・すでにお伝えしましたが、
ロングビーチの交差点に座り込んで地図を見ていた、
ラフなイデタチのすてきな女性・・・

同じくLA ・・宿泊していたホテル ” ミヤコ イン スパ ” から、
地下鉄レッド・ラインの駅に向かって歩いていると、
若者4人が乗った車がスーッと横に停まり、

「チャイナ・タウンに行くのはこの道でいいのかい?」

方角は知っていましたが、英語で道順までは説明出来ません。

LA で3度目は、地下鉄レッド・ラインの車中、中年の男性から・・・

レッド・ラインは、ダウンタウンのユニオン・ステイション駅から、
ウィルシャー・ウェスタン駅まで行く路線と、
その途中、ウィルシャー・バーモント駅から路線が分かれて、
ハリウッド・ヴィネ(v i n e)駅へ行く2つの路線があります。 

「この電車はどっちへ行くんだい?」

「ハリウッド・ヴィネへ行くんだよ。」

ちなみに、ハリウッド・ヴィネの駅の天井は、いかにも映画の街らしく、
映画フィルムのリールで飾られています。

つづく。


PS:東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17736

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック