« ロスアンゼルスへの旅 (32) <ラフなイデタチ ステキな女性> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (34) <ふられてばかりの日> »

ロスアンゼルスへの旅 (33) <ブルー・ラインの車内で>

2012年03月15日

ホエール・ウォッチングが空振りに終わり、
ほとんど地上を走る地下鉄、ブルー・ラインに乗りハリウッド方面へ向かいました。

夜のハリウッドの街を、あてもなくぶらついてみるのも面白そうだ・・・

ん? 待てよ・・・

ブルー・ラインはスポーツの殿堂、ステープルズ・センターの前を通るんだ・・・

ピコ駅で降りれば、目の前がステープルズ・センターだ・・行ってみよう・・・

今夜、NBA のゲームがあるかも知れないぞ・・・

超人気チームのレイカーズのチケットは無理だとしても、
もう1つのホーム・チーム、クリッパーズのチケットなら買えるかも知れない・・・

そんなことを考えていると、オジサンが声をかけてきました。

「Oh !MR LAKERS ! ゲームは見たかい?」

僕は黒地に、黄色で縁どられたあざやかな紫の文字・・・
” LAKERS ” のジャケットを着ていました。


955.jpg

「見たよ。3試合もね。」

「レイカーズは勝ったのかい?」

「3試合全部勝ったよ。
コービー・ブライアントが3ポイント・シュートで新記録を作った試合も見たよ。」

「それはすごい! オマエはラッキー・ボーイだ。」

「ところで今日、ステープルズ・センターで、
レイカーズかクリッパーズのゲームはあるかい?」

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

   下記の公演が新たに決まりました。

   5月19日(土)14:00開演。 チェロ・コンサート。
   札幌市清田区、鈴木内科医院デイ・ケアセンター。
   
   今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17653

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック