« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

ロスアンゼルスへの旅 (46) <ユニバーサル スタジオ>

2012年03月31日

さぁ、お待たせしました。 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの登場です。

映画の都、ロスアンゼルスならではのテーマパーク・・・

いつか見た映画の中に入り込めるような・・・
撮影用のセットの中で思い出のシーンが・・・

それが、ここユニバーサル・スタジオ・ハリウッドです。


0508.jpg


チケットを入手するには、売場で並ばなければならないと聞いたので、
ディズニーランドの時と同様に、ホテルのコンセルジュで買いました。

送迎付き・・・

宿泊していたダウンタウンのホテル、ミヤコ・イン・スパから、
ユニバーサル・スタジオまでマイクロバスで1時間ぐらいでした。

目的地に着いたら、送迎マイクロバスは帰ってしまいます。
好きなように勝手に遊べ・・というわけです。

8時間、100%、テーマパークの中で自由行動・・・
これまたディズニーランドの時と同様でなかなか結構でした。

誰にも干渉されずに好きなように遊べる・・いいですねぇ~


0560.jpg


チャップリンにも会いました。肩を組んでカメラに・・・

いえいえ、そりゃ見え透いたウソです。
チャップリンは、すでにこの世の人ではありません。そっくりさんです。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (45) <いいですねぇ~ ミュージカル>

2012年03月30日

ハリウッド・ハイランドにあるコダック劇場・・・

上演していた ” グリース ” は、すばらしいミュージカルでした。

舞台は、1950年代のアメリカ・・・
避暑地で出会った高校生のダニーとサンディのロマンス・・・

音楽はアメリカの若者には欠かせないロックンロール・・・
10代の若者たちのセンシティブなロマンスを描いた作品ですが、
ロックンロール・ミュージカルというのは、
それまでのブロード・ウェイ・ミュージカルにはなかったのだそうです。

ところで ” グリース ” とは?

脂です。若者たちのリーゼント・ヘアーには欠かせません。


0554.jpg


& 写真は、プログラムの表紙です。


日本では、僕が若かった頃、これをポマードと言って、
これで髪をかため、ととのえるのに使っている人がたくさんいました。

ポマード・・・辞書をひいてみると、これはフランス語で、
” 整髪用のねった香油 ” となっています。

髪を脂でかためるのですから、ベトベトして好きになれません。

このミュージカル、音楽もなかなかよろしい・・・
ヒット曲が始まると、お客さんが歌手と一緒に歌い始めます。

いいですねぇ~こういう楽しみ方・・・

” 愛のデュエット ”  ” グリース ”  ” 愛すれど悲し ”
” 思い出のサマー・ナイツ ”  ” グリースド・ライトニン ” ・・・

ヒット曲が続き、CDの売り上げは800万枚を越えたそう・・・

僕のCDの売り上げは、クラシック音楽家の中では多い方らしいですが、
情けないほどケタが違います。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。


ロスアンゼルスへの旅 (44) <ものすごい記録>

2012年03月29日

ハリウッド・ハイランドにある ” コダック(Kodak)劇場 ” ・・・

映画界の栄誉ある賞、アカデミー賞授賞式も行われるこの劇場で、
ミュージカルを観ました。 LA は、ミュージカルも盛んなようです。


0516.jpg

” グリース(GREASE) ” ・・・

時代を超えて人々に愛されるミュージカルはたくさんありますが、
グリースもそのひとつです。

100名以下の小さな劇場、オフオフ・ブロードウェイ・・・
300~500名ほどの中劇場、オフ・ブロードウェイ・・・
大劇場は、オン・ブロードウェイ・・・

シカゴの小規模な劇場で幕を開けた ” グリース ” ・・・

翌年にはニューヨークのオフ・ブロードウェイに進出すると、
好評でたちまちロングラン体制に入り、
オン・ブロードウェイで上演されるようになったのです。

ブロードウェイ史上のロングラン記録を更新し、
3388回(CDの解説より)という記録を打ちたてました。

この記録は、のちに ” コーラスライン ” 
(ロングラン記録、6137回、ミュージカル・ワンダーランド、2005年発行より)
が登場するまで破られなかった見事な記録なのです。

ちなみに、その後誕生した超人気作品 ” キャッツ ” は、7485回・・・
この記録は、永遠に破られない記録と誰もが思っていました。

ところが、2006年1月9日、その記録を破ったミュージカルがあります。

 ” オペラ座の怪人 ” です。 7486回・・・

上演開始、1988年・・18年間で延べ1,100万人の観客・・・

興行収入はブロードウエイ史上最高の600億ドル(約700億円・2006年)・・・

(資料は、2006年1月の新聞記事より)

どれも、ものすごい記録ですね。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。


東日本大震災チャリティ・コンサート (88) 新札幌ギャラリー

2012年03月28日

36日ぶりのチャリティ・コンサートは88回目・・・
札幌市厚別区、デュオ2-5Fにある新札幌ギャラリーで、
3月26日、19時から行われました。

主催・企画は、十彩(といろ)緑の会・・・

この会は、社会貢献を目的とし、
現在、東日本大震災のボランティア活動をされている方々のサポートをしています。

問合わせ先:toiromidorinokai@hotmail.co.jp


ニセコ中学校教諭、斉藤明子さんが被災地を数回訪れ、
その時撮影した写真が展示された、こじんまりとしたギャラリーでチェロを弾きました。


981.jpg


975.jpg


上の写真は、女の子の父親が撮影したものです。
交通機関ゼロ・・電車が来ない線路を歩いて学校へ通う女の子たち・・・
けなげな姿に心を打たれ、たくさんある写真の中で、この写真が一番好きでした。


972.jpg


津波で陸に押し上げられた大きな船。


976.jpg


この日を忘れないために植えられた花・・・
放射能に強い花だそうです。


974.jpg


がれきの多さに驚きます。


977.jpg


こちらも、がれきの山・・・

原発から比較的近い福島県南相馬市で被災され、
札幌に移住された、対馬 守さんからいただいた年賀状・・・

「私の時は今も止まっています。」 このお言葉が忘れられません。

982.jpg


演奏の合い間にチャリティ活動の話などをし、募金のお願いをしました。


983.jpg


この日の入場者・21名。
義援金額・¥39,000は、十彩緑の会を通じて被災地へ。

ロスアンゼルスへの旅 (43) <何故?>

2012年03月27日

海外の街中や、地下鉄の車内などで、よく道などを聞かれるのは何故なのだろう?

その土地を知らない東洋のオッサンが、一人でフラフラしているのに・・・

ニューヨークでは、グラウンド・ゼロへ向かう地下鉄の中・・中国人の若い男性から、

「〇〇へ行きたいんだけど、次の駅で降りればいいのかい?」

僕を中国人と思ったのでしょうかね・・・でも、英語でした。

ウイ-ンでは、夜、リンク通りをブラブラ歩いていると中年の紳士が、

「このあたりで、夜、開いている両替所を知らないかい?」

LA ・・すでにお伝えしましたが、
ロングビーチの交差点に座り込んで地図を見ていた、
ラフなイデタチのすてきな女性・・・

同じくLA ・・宿泊していたホテル ” ミヤコ イン スパ ” から、
地下鉄レッド・ラインの駅に向かって歩いていると、
若者4人が乗った車がスーッと横に停まり、

「チャイナ・タウンに行くのはこの道でいいのかい?」

方角は知っていましたが、英語で道順までは説明出来ません。

LA で3度目は、地下鉄レッド・ラインの車中、中年の男性から・・・

レッド・ラインは、ダウンタウンのユニオン・ステイション駅から、
ウィルシャー・ウェスタン駅まで行く路線と、
その途中、ウィルシャー・バーモント駅から路線が分かれて、
ハリウッド・ヴィネ(v i n e)駅へ行く2つの路線があります。 

「この電車はどっちへ行くんだい?」

「ハリウッド・ヴィネへ行くんだよ。」

ちなみに、ハリウッド・ヴィネの駅の天井は、いかにも映画の街らしく、
映画フィルムのリールで飾られています。

つづく。


PS:東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

<歌う お年寄り>

2012年03月26日

ロスアンゼルスへの旅は1日休みます。

昨日、3月25日、札幌市南区にある老人介護施設、
 ” リラコート愛全 ” で、お年寄りたちのために1時間チェロを弾きました。

75才のチェロ弾きが、50才代から101才の人達に激励演奏・・・


962.jpg


この施設の入居者は100名・・・

通いで来る人も・・・9:00から16:00までここにいて、
仲間と話し合ったり、昼食を共にして夕方帰宅する人・・・
1日平均70名ぐらいいるそうです。

コンサートには、入居者と通いの方、合わせて約100名ぐらいのお年寄りが・・・

皆さんに楽しんでいただこうと、誰でも知っている日本の歌を中心に弾きました。

” ふるさと、赤とんぼ、雪の降る街を、浜辺の歌、夏の思い出、
花の街、春の小川、われは海の子、紅葉・・・ ” 

チェロに合わせて歌うお年寄りたち・・・ 

映画音楽も・・往年の名作の音楽がよいだろう・・・

” マイウエイ、南太平洋から魅惑の宵、ゴッドファーザーから愛のテーマ・・・ ”

ピアニストの矢崎有佳さんは、チェロの伴奏だけでなく、ピアノの名曲、 
” ベートーベンのエリーゼのために、ショパンのノクターン第2番 ” 
を弾いて下さいました。

およそ100名のお年寄りの笑顔が会場にあふれ、
すてきな日曜日の午後のひとときでした。
 

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (42) <ディズニーランド エピローグ>

2012年03月25日

そのほかのアトラクション・・・

” ビッグ・サンダー・マウンテン (Big Thunder Mountain) ” ・・・

ゴールド・ラッシュの頃の廃墟を舞台にしたもの・・・

地震、落石ありのスリル満点のジェットコースターが売物です。

必死で手すりにつかまっていないと、振り落とされそうになります。

帰国して数日後、このアトラクションで事故が起き、
負傷者が出たという報道があり、びっくりしました。


” ターザン ズ ツリーハウス (Tarzan ' s Treehouse) ” ・・・

高校生の頃、チェロのレッスンで怒られムシャクシャすると、
学校をサボって、渋谷の映画館に3本立て50円の映画を観に行きました。
目を赤くして帰宅すると、オフクロにすぐばれて、また怒られました。

夢中で見たターザン映画・・・
数人のターザン役の中でも、名優・ジョニー・ワイズミラーが忘れられません。

” ターザン ズ ツリーハウス ” は、ターザンをモチーフにしたツリーハウスです。

高さ24m・・高いところからのディズニーランドの眺めは格別です。


” ディズニーランド鉄道 (Disneyland Railroad) ” ・・・

園内にはディズニーランドを一周するオールドスタイルの蒸気機関車が走っています。
グランド・キャニオンにも行きます。


0466.jpg


& 園内は無料の馬車で移動することが出来ます。


園内には、夢の住人ミッキー・マウス、くまのプーサン、ジャスミン、ミニー・マウス、
ドダルド・ダック、白雪姫、グーフィーらがいます。

でも、どこにいるかは、わかりません。
運がよければ出会うことがあり、記念撮影に収まってくれるそうです。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (41) <スプラッシュ・マウンテンと幽霊屋敷>

2012年03月24日

ディズニーランドのアトラクション・・・

スプラッシュ・マウンテン(Splash Mountain)・・・

これも痛快でした。

Splash(水や泥をはねかす・・・)

丸太作りの船にゆられて、動物たちがいる森の中へ冒険に・・・


0467.jpg

最後は、傾斜が47度のウォーター・シュート・・・

「ギャ~ッ」・・・乗っている人たちの悲鳴です。

ずぶ濡れを覚悟して乗らなければなりません。

0554.jpg

幽霊屋敷・ホーンテッド・マンション(Haunted Mansion)・・・

お化けが住む館・・・999人のお化けが住んでいます。

暗闇を恐る恐る進んで行くと、突然うしろから抱きつかれました。
振りほどこうと、もがきましたが離れません。

お化けか! ヒェーッ! 

思わず悲鳴をあげ振り向き、かすかな灯りを頼りによく見ると、
抱きついていたのは、アメリカのオバサンでした。
このオバサン、かわいそうに恐怖で顔がひきつっていました。

つづく。


PS:東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (40) <なさけない昼食>

2012年03月23日

この日は66才の誕生日。

昼食は園内のレストランでビールにワイン、うまい料理でお祝いしよう・・・

ところが、園内はアルコール禁止・・・

こりゃ最悪だ! ヨーロッパならこんなことはないと思いますが・・・
パリのディズニーランドではどうなのだろう・・・

数ヶ所にあるレストランは、どこも人でギッシリ・・昼メシは食いっぱぐれか・・・

バッグの中にはバナナ2本とクッキーが少々・・・
ペットボトルの水を買い、通路のアチコチにあるベンチに腰掛け、
情けない昼メシ、とんだ誕生祝いとなりました。

こういう時、園内から思い切って外に出て昼食をとるのもひとつの方法です。
外に出る時は、 ” ハンド・スタンプ ” といって、
手の甲にスタンプを押してくれます。

手の甲についたスタンプと、その日のチケットを持っていれば、再入園出来るのです。

僕は食事よりも、少しでも多くのアトラクションを見たり、
乗物に乗ったりしたかったので、バナナとクッキーだけの昼食となりました。

このテーマパークは、マル1日ついやしても時間が足りませんから、
モタモタしていられません。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (39) <カリブの海賊>

2012年03月22日

ディズニーランド・・・

どのテーマパークでも、当然のことながら開園時間前に中に入ることは出来ません。

ところが、ディズニーランドだけは直営ホテルの宿泊者のために、
” Early Entrance ” という一般の人より早く入園出来るサービスがあります。

ですから、ディズニーランドの近くにある直営ホテルに前日から泊まるのは賢明です。
開園から閉演までの限られた時間で、
一般の人より多くのアトラクションを見ることが出来るからです。


0465.jpg


& 園内でブラスバンド演奏・・・ハイレベルの演奏にびっくりしました。


さて、 ” カリブの海賊 ” というアトラクションも面白かったです。

大きめのボートに20人ぐらいが乗り航海へ・・・

やがて船の周りに海賊が・・・海賊の襲来だ!

大砲や機関銃をぶっ放して来ます。

弾丸は、みな海に落ちて無事でした。

面白い・・・ディズニー・アトラクションの傑作だ・・・  

ところがボートが故障してしまい、薄暗い中で20分ぐらい立ち往生・・・
子供は怖がって泣き出し、かわいそう・・・

原因不明・・・係員は、一言ボソッと言っただけで何が何だかわかりません。

薄暗い中から変なものが飛び出してきやしないか・・・薄気味悪い思いをしました。

つづく。


PS:東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。


ロスアンゼルスへの旅 (38) <ジャングル探検>

2012年03月21日

ロスアンゼルスのディズニーランド・・・

園内は魅力あるアトラクションが満載・・・

どのアトラクションも行列で順番待ち・・・

1日で全部を見るのは不可能でしょう。

ウラ話めいた話になりますが、ディズニーランドや、
ユニバーサル・スタジオのような大きなテーマパークというものは、
元々1日で全部回れるようには出来ていないそうです。

列に並んで待ち、時間を使い、それからアトラクションを楽しむ・・・
これを繰り返していると、時間がたりず全部は回りきれない・・・

ここがミソのようです。初めてテーマパークに来て、全部見てしまったら、
その人は何か新しいアトラクションが出来るまで来なくなってしまう・・・

閉園時間になっても、見たいものがたくさん残っている・・・
うしろ髪を引かれる思いで帰らなければならない・・・
リピーターを作るために、テーマパークの広さや、
アトラクションの数を考えて、このテーマパークは作られているのだそうです。


” ジャングル探検 ” というアトラクションも面白かったです。

7~8名でボートに乗り、アフリカ奥地のジャングルを探検するアトラクションです。

これは、アフリカの動物たちが大自然の中で生息している様子を、
限りなく本物に近いかたちで表現されたもので、大人も子供も楽しめます。

象の群れが水浴びしているシーン・・・

虎、ライオン、大蛇、しまうま、ゴリラ、ワニなどが、
まるで本物のような動きをしているので、よくぞここまで作れるものだ、
と、驚いてしまいました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (37) <インディ ジョーンズの冒険>

2012年03月20日

2003年1月11日、66才の誕生日・・・

1人旅じゃ誰も祝ってはくれん・・・
ディズニーランドへ行って、自分で自分を祝おう・・・
園内には、人気アトラクションが目白押し・・・

まずは、 ” インディ ジョーンズの冒険 ” に・・・

地中探検のトロッコ乗場・・・
並んで順番を待っていると、木造のトロッコが乗場に入って来ました。

横1列4席で、前からうしろまで15列、長方形の箱のようなトロッコ・・・

係員に指示された席は、最前列の右端の席でした。 「ラッキー!」

係員が「シートベルトを締めて! 手すりにしっかりつかまって!」

言い終わらないうちに、トロッコは猛スピードで地中に向かって走り出しました。
僕は振り落とされるような気がして、必死で金属製の手すりにつかまっていました。

小きざみに登ったり、下ったり、急なカーブは右へ左へと・・・

うす暗がりの中で、トロッコはスピードをゆるめずに走り続けます。
スリルなんてもんじゃありません。恐ろしくて身が縮む思いでした。

大声で「助けてくれぇ~」と叫びそう・・・2~3分走ったでしょうか・・・

突然、右前方の天井から大蛇が大きな口をあけ、口から火を噴き襲いかかって来ました。

「ギャァ~」・・・ 人間一人ぐらい軽く丸のみにされてしまうような大きな口・・・

バケモノ大蛇は、人間を丸のみにするような仕草をしていましたが、
やがて壁と天井の間の暗闇の中へ消えて行きました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

新たに下記の公演が決まりました。
   
   6月20日(水) チェロ・コンサート。
   札幌市西区、西野ケアセンター(再演) 14:30開演。

   今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。 

ロスアンゼルスへの旅 (36) <ディズニーランド>

2012年03月19日

LA の隣の都市、アナハイムにある ” ロスアンゼルス・ディズニーランド ” ・・・

ここには、ホテルのコンセルジュでツアーに申し込み、
2003年1月11日、66才の誕生日に行きました。

7~8人のツアー客と一緒に、マイクロバスでホテルを出発しましたが、
マイクロバスが途中で故障してしまい、代わりの車が来るまで大分待たされ、
ディズニーランドに着いたのは、開園時間を過ぎていました。

チケット売場は、開園時間前から長蛇の列だそう・・・

僕たちツアー・グループは、
ホテルのコンセルジュで手数料込みのやや高いチケットを持っていたので、
長蛇の列をシリ目に入園する事が出来ました。


0463.jpg


& ディズニーランドの入口。


ホテルの ” コンセルジュ ” ・・・
フランス語で ” 受付 ” 、、または ” 接客責任者 ” ・・・

ホテルのロビーで、ホテルの職員とは別にデスクを置いて、
宿泊客に観光案内や、チケットの販売をしている人達です。 

ディズニーランドがある都市、” アナハイム ” ・・・
これといった観光なかった都市・・・

ディズニーが、このテーマパークを作ったことにより、
世界各国から人が集まるようになり、
その結果、町の財政が潤うようになったのだそうです。

このツアー・・ツアーといっても、送り迎えだけ・・・

入園してから退園するまで8時間の自由行動で、何があったのか・・・

それは次回からのお楽しみ・・・

つづく・・・


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月18日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (35) <大相撲初場所 テレビ観戦>

2012年03月18日

ホエール・ウォッチングが空振り・・・

往生際が悪いと言うか、あきらめが悪いと言うか・・・

翌日、もうイッチョウ挑戦したくなりました。
まずは天気予報です。
夜、ホテルの部屋でテレビのニュースを・・・

鯨が暑くてどっかへ行っちゃったこの日の最高気温は、77度(26度)

明日は? さらに暑くて、81度まで上がるそうです。

こりゃ、ダメじゃ。 これなら、あきらめがつくというもの・・・

23:30になって、日本人向けのチャンネルに切り替えると、
大相撲初場所の生中継が始まったところでした。

日本と LA の時差は17時間で、時計の針は日本が先へ先へと・・・
幕内取組開始は、日本時間16:30・打ち出し18:00・・・
LA で開始は、前日の23:30・打ち出し01:00・・・

酩酊状態で、眠い目をこすりながらの大相撲テレビ観戦は初体験でした。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・

新たに下記の2公演が決まりました。

(1)5月19日(土) チェロ・コンサート。 
 札幌市清田区鈴木内科医院デイ・ケアセンター。 18:00開演。
 すでに14:00開演が決まっていましたが、
 夜の部が追加になり、昼夜2公演になりました。

(2)5月26日(土) チェロ・コンサート。
   虻田郡ニセコ町、喫茶こむぎ野。 18:00開演。

   今後のスケジュール。

<88> 3月26日(月) 写真展とチェロ・コンサート。
札幌市厚別区、デュオ2-5F。新札幌ギャラリー。 19:00開演。

<89> 4月1日(日) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、詩とパンと珈琲モンクール。 14;00開演。

<90> 4月3日(火) チェロ・コンサート。
標津郡中標津町、総合文化会館コミュニティホール。 19:00開演。

<91> 4月8日(日) 「PRAY 写真と美術展」
原田ミドー魂の講演と、チェロ・コンサート。
札幌市南区みすまい、リーフレット・ミューズ。 14:00開演。

<92> 4月14日(土) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、CAFE・LAKURA。(5回目) 19:00開演。

<93> 4月17日(火) チェロ・コンサート。
函館市地域交流センター。 13:00開演。

<94> 4月20日(金) チェロ・コンサート。
室蘭市、グリーン・デパート。(再演) 17:00開演。

<95> 4月22日(日) チェロ・コンサート。
夕張郡由仁町、YUNI・CAFE。(再演) 14:00開演。

<96> 4月23日(月) チェロ・コンサート。
札幌市西区琴似、CAFE・AMICA。 19:00開演。

<97> 4月26日(木) チェロ・コンサート。
夕張郡長沼町、長沼町図書館・ギャラリー。 18:30開演。

<98> 5月11日(金) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、カフェ・クレタ。 18:30開演。

<99・100> 5月19日(土) チェロ・コンサート。
札幌市清田区、鈴木内科医院デイ・ケアセンター。 
14:00開演と、18:00開演。 昼夜2公演。

<101> 5月26日(土) チェロ・コンサート。
虻田郡ニセコ町、喫茶こむぎ野。 18:00開演。

<102> 5月27日(日) チェロ・コンサート。
磯谷郡蘭越町、パーム・ホール。(再々演) 開演時間未定。(午後)

<103> 6月8日(金) チェロ・コンサート。
札幌市白石区、プランテーション。(再演) 18:30開演。

<104> 6月13日(水) チェロ・コンサート。
上川郡下川町、喫茶 APOLLO 。 19:00開演。

<105> 6月14日(木) チェロ・コンサート。
名寄市立、天文台・きたすばる。 15:00開演。

<106> 6月17日(日) チェロ・コンサート。
江別市野幌公民館。 19:00開演。

<107> 6月20日(水) チェロ・コンサート。
札幌市西区、西野ケアセンター。 14:30開演。

<108> 6月23日(土) チェロ・コンサート。
岩内郡共和町、西村計雄美術館。 14:00開演。

<109・110> 8月25日(土) チェロ・コンサート。
(1)網走市教育委員会・エコーセンター2000 ロビー。 14:00開演。
(2)北海道立北方民族博物館 ロビー。 19:00開演。

<111> 10月13日(土) チェロ・コンサート。
紋別市・夜公演。(再演) 会場・開演時間など詳細は未定。

被災者へのご支援、よろしくお願い致します。

<オレ、チェロの仙人になっちゃった> (笑)

2012年03月17日

<ロスアンゼルスへの旅>は、1日休みます。


昨日、3月16日、中田千佳夫さんの道新ブログ、
” 窓辺の小太郎・チェロの仙人・土田英順チャリコン ” を読みました。

「出来ることから始めよう」から「出来ることを続けよう」・・・

コツコツと回を重ねたチャリティ・コンサートは87回に・・・

会場を無償提供してくれる人・・・
チラシやポスターを作成し、宣伝をし、集客にご苦労なされる人・・・
当日、会場のセッティング、受付業務・・・

これらの作業をしてくれる人達がいて、はじめてコンサートが成立します。

僕は、お膳立てが整ったところへ乗り込んで行って好きなチェロを弾くだけ・・・

多くの人に支えられてチェロが弾ける僕は、世界一の幸せ者・・・
スケジュールがきつくて苦しい時は、被災された人達の苦しみを思い浮かべれば、
キツイだの苦しいなど、そんなもんは、すぐふっ飛びます。

ここまできたら、被災地が復興するまでヤッタルデ!

チャリティ活動には、お金がかかります。しかし、ご心配なされるな・・・
CDを売って募金をし、残ったお金でJRのチケットを買い、ホテル代を払います。

ちょっときびしいな、と思う今日この頃、Tシャツを作り活動資金の足しにしようと・・


957.jpg

図柄は市川義一さんの作。

発売場所はコンサート会場と、札幌市中央区のカフェと洋服屋さんの店、LAKURA。 
発売日は4月1日。ネット販売可能。LAKURAの特別料金が利用出来るそうです。

宣伝になっちゃいました。 ごめんなさい。
これも、チャリティを続けるための軍資金稼ぎ・・・
売り上げの1部を募金に回すのは、言うまでもありません。ご理解下さい。


960.jpg


& 上の写真は4月14日、
  東日本大震災チャリティ・コンサート IN LAKURA のチラシです。
  この回で、5回も会場を無償提供してくれました。
  ピアノ伴奏をしてくれるのは、店の経営者、鳥居はゆきさん。


” 窓辺の小太郎 ” の、中田千佳夫さん、もうすぐ中標津でお会い出来ますね。
お会い出来るの、とてもとても楽しみにしていますよ。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (34) <ふられてばかりの日>

2012年03月16日

鯨にふられてロングビーチを去り、地下鉄ブルー・ラインでハリウッド方面へ・・・

その途中には、スポーツの殿堂、ステープルズ・センターが・・・

この会場がホームの NBA ・レイカーズの試合には、
有名人が観客として訪れることも知られています。

ジャック・ニコルソンや、マジック・ジョンソン・・・
プレイ・オフなど、ビッグ・ゲームになると、タイガー・ウッズ、
レオナルド・ディカプリオ、アーノルド・シュワルツネッガー等が観戦に来るそうです。


さて、ブルー・ラインの車内で、声をかけてくれたおじさんに聞いてみました。

「今日、ステープルズ・センターで、レイカーズかクリッパーズのゲームある?」

「今日はゲームはないよ。レイカーズはオハイオに行っているし、
クリッパーズはシアトルでゲームだよ。」

自分たちのホーム・チームが、その日どこでゲームをやっているか、
ちゃんと知っている・・・

さすがアメリカの人気スポーツだ・・・

アメリカの人気スポーツ、ナンバー・ワンは、アメリカン・フットボール・・・
NBA バスケットボール・・MLB ベースボールとつづきます。

さて、この日は暑くて、鯨がどこかへ行っちゃった・・・

NBA の LA がホームの2チームは遠征に・・朝からふられっぱなしの日でした。

再びブルーラインに乗ってハリウッドまで足をのばし、
夜のハリウッドの街をぶらつきました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (33) <ブルー・ラインの車内で>

2012年03月15日

ホエール・ウォッチングが空振りに終わり、
ほとんど地上を走る地下鉄、ブルー・ラインに乗りハリウッド方面へ向かいました。

夜のハリウッドの街を、あてもなくぶらついてみるのも面白そうだ・・・

ん? 待てよ・・・

ブルー・ラインはスポーツの殿堂、ステープルズ・センターの前を通るんだ・・・

ピコ駅で降りれば、目の前がステープルズ・センターだ・・行ってみよう・・・

今夜、NBA のゲームがあるかも知れないぞ・・・

超人気チームのレイカーズのチケットは無理だとしても、
もう1つのホーム・チーム、クリッパーズのチケットなら買えるかも知れない・・・

そんなことを考えていると、オジサンが声をかけてきました。

「Oh !MR LAKERS ! ゲームは見たかい?」

僕は黒地に、黄色で縁どられたあざやかな紫の文字・・・
” LAKERS ” のジャケットを着ていました。


955.jpg

「見たよ。3試合もね。」

「レイカーズは勝ったのかい?」

「3試合全部勝ったよ。
コービー・ブライアントが3ポイント・シュートで新記録を作った試合も見たよ。」

「それはすごい! オマエはラッキー・ボーイだ。」

「ところで今日、ステープルズ・センターで、
レイカーズかクリッパーズのゲームはあるかい?」

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

   下記の公演が新たに決まりました。

   5月19日(土)14:00開演。 チェロ・コンサート。
   札幌市清田区、鈴木内科医院デイ・ケアセンター。
   
   今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (32) <ラフなイデタチ ステキな女性>

2012年03月14日

陽射しの強いロングビーチに近い路上で座り込み、
本を読んでいるラフなスタイルのステキな女性・・・

僕が近づくのに気づくと突然立ち上がり、「Excuse me !」

彼女は本を読んでいたのではなく、地図を見ていたのでした。

地図の一点を指差した彼女は、

「I want to go to here . But I can' t find it. Could you tell me where it is ? 」

(私、ここに行きたいんだけど、わからないの。教えてくれる?)

助けを求めるような眼差しでした。

どれどれ・・・

地図を覗き込みましたが、わかるはずがありません。
ここに来たのは、この日が2日目・・・

しかもアメリカ人の彼女がアメリカの地図を見てわからないものを、
日本からフラリとやって来て、
英語もロクにわからないオッサンにわかるはずがありません。

「Sorry . I can' t help you. Because I' m Tourist. 」

(ごめんなさい、僕は旅行者でわかりません。)

僕の発音が悪いのでしょう。 「Tourist ,,,」が通じません。
彼女が聞きなおすので、発音を少しずつ変え、3度目にようやくわかってくれました。

「Oh ! Tourist !・・・私もよ・・・私、見つけるから大丈夫。心配しないでね。」 

横断歩道を渡りながら笑顔で振り返り、「ミスター、よい旅をね。」

ラフなイデタチも魅力的でしたが、その笑顔はもっと素敵でした。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (31) <路上に座り込んだ 美女>

2012年03月13日

カリフォルニアの海でのホエール・ウォッチングは、見事、空振りに終わりました。

クヨクヨしてもはじまらん・・・

何か別な事をして遊ぼう・・・

ロングビーチから地下鉄ブルー・ラインに乗ってハリウッドまで足をのばし、
夜のハリウッドの街をブラついてみるか・・・

港を背に街へ向かいました。

人通りが少ないこのあたり・・・

赤信号の交差点で立ち止まり向かいを見ると、
若いステキな女性が、袖なしシャツに短パンのラフなイデタチで道路に座り込み、
直射日光を浴びながら本を読んでいました。

1月でも暑い日があるLAの海辺の強い陽射し・・・

本を読みたいたいのなら、
エアコンの効いたコーヒー・ショップにでも入ればいいのに・・・

変わった女性だなぁ~

信号が青に変わり、彼女が座り込んでいる方へ横断歩道を歩いて行くと、
僕に気づいた彼女は突然立ち上がり、

「Excuse me !」

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (30) <鯨がどっかへ行っちゃた>

2012年03月12日

ロングビーチから、寒流が流れるカリフォルニアの寒い海へ
ホエール・ウォッチングに・・・

船は毎日2回、12:00と15:00に出航します。

12:00出航の船は欠航になったので、ロングビーチの街に戻って時間をつぶし、
15:00出航の船で、いざ出陣!

再び港へ・・プレハブ小屋には、先程と同じ案内板が・・・


0509.jpg

出航まで30分ある・・・
鯨見物会社のウォッチング担当のお嬢さん、これから来るんだろう・・・

ほらほら、人がボツボツ集まって来たぞ・・・

ところが、その人達は携帯でどこかへ電話するとその場を去って行きました。

新たに人が来ると、同じ事が・・・

ん? なんか変だぞ・・・

おばさんが現れました。やはりどこかへ携帯電話・・・

おばさんに聞いてみよう・・・

「ホエール・ウォッチングの船は、何時に出るんですか?」

「船は出ないよ。今日は暑くて、鯨がどっかへ行っちゃたんだよ。」

ギャフン・・もうガッカリ・・・

こんなことなら、きのう寒くても船に乗るんだったなぁ~

あとの祭り・・・


954.jpg

フード付きのレイカーズのジャケットの下にセーターを・・・
厚い冬物の靴下にモモヒキ・・バッグにはマフラー2枚・・・

完全武装は水の泡となりました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリテイ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (29) <船が欠航>

2012年03月11日

ロングビーチの沖・・・

寒流で寒いカリフォルニアの海でホエール・ウォッチング・・・

翌朝、12時出航のクルーズ船に乗るべく10時にホテルを出ました。

モモヒキで下半身を武装し、セーターをバッグに入れ再度地下鉄でロングビーチへ・・・

港には11時過ぎに着きました。

プレハブ小屋に行って見ると、 ” CLOSED ” のフダが・・・
そして、 ” NEXT CRUISES 15:00 ” と書いてありました。


0515.jpg


なぁんだ~、12時の船は欠航かぁ~

理由はわかりません。次の船まで時間をつぶすことにしました。

歩いてロングビーチの街へもどり、まずサングラスを・・・
海は紫外線が強い・・これで準備万端・・・

時間つぶしにコーヒー・ショップに入ると、新聞を読んでいる人、
チェスを楽しんでいる人、おしゃべりをしている人、様々ですが、
たばこを吸う人が一人もいないので快適でした。


0511.jpg


& 写真右の ” STARBUCKS COFFEE ” で時間つぶしをしました。
 
 店の外でもチェスを楽しんでいる人たちが・・1月なのに LA はポカポカ陽気・・・


僕は海外旅行中、その日その日にあった事を毎日必ずメモしています。

忘れないようにキチンとメモをとり、コンサートの中のトークタイムで使います。

それが、まさか道新ブログでお役に立たせて頂ける事になるとは考えもしませんでした。

コーヒー・ショップで、丁寧にメモを記録していると時間はすぐに経ちました。

いざ港へ! 2度目の正直! 船は15時出航だ・・・

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (28) <ホエール ウォッチング>

2012年03月10日

ロングビーチの港をブラついていると、横断歩道の向こう側に、
小さなプレハブの小屋が目にとまりました。

中には、若い女性が一人いて、
小屋の上方には黄色のタスキのようなものが掲げてあり、
それには、 ” Whale Watching Tours ・Bay Cruises ” と書かれていました。

こりゃ面白そうだ・・・カリフォルニアの海でホエール・ウォッチング・・・


0513.jpg

早速、プレハブ小屋のお嬢さんに聞いて見ました。

「船は何時に出るの?」

「毎日12時からと15時からよ。2時間半のコース・・・あと5分で出るわよ。」


0512.jpg


すぐにチケットを買おうとしましたが・・おっと・・ちょい待てよ・・・

カリフォルニアの海は寒流で、陸は暖かくても海はとても寒い・・・
服装に要注意って、ガイドブックに書いてあったな・・・
この日は、1月14日・・真冬だ・・・

「この服装で寒くない?」

「う~ん、多分ジャケットかセーターをもう1枚・・・」

異国で体調をくずし、病院へ行くのはホント惨めなもの・・・

以前パリでひどい風邪をひき、病院へ行ったこと・・・
南フランスのニースでは膝をぶつけて半月版を傷め、
痛む足を引きずり、パリの病院へ行った時のことが、脳裏をかすめました。

よっしゃ、あわてることはない・・・

「明日セーターを持ってもう1度来るよ。」

女性に告げて、その日のウォッチングは、あきらめました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリテイ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月9日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (27) <クイーン メリー号 >

2012年03月09日

ロングビーチの観光の目玉の1つが ” クイーン メリー号 ” です。

建造年1934年・・世界最大の豪華客船・・・

全長308m、重さ8トン・・黒と白の優雅な船体を誇っています。

時速53km・・・

第2次世界大戦では、ヨーロッパ戦線へ輸送船として使われ、
北大西洋を1200回も航海し、1964年に現役を引退したそうです。
  
引退の翌年からロングビーチ」の桟橋に係留されています。


0552.jpg

船内は見学することが出来、豪華なレストラン、バー、ブテイック、
ギフトショップなどが・・・

船室の設備を生かしたホテルも・・・
北大西洋を行き来していた当時を偲ばせる豪華な船室に人気があるのです。

メリー クイーン号の横にあるのは、旧ソ連製の潜水艦、スコーピオンです。

原子力ではない潜水艦としては最大のもの・・・
1994年に退役しましたが、冷戦後、米露友好のために、
ここロングビーチに停泊することになったのだそうです。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

  新たに2公演が決まりました。

 (1)5月11日(金) チェロ・コンサート。
    札幌市中央区、カフェ・クレタ。 18:30開演。

 (2)10月13日(土) チェロ・コンサート。
    紋別市・夜公演。(再演)・・会場、開演時間など詳細は未定。

  今後のスケジュール。

<88> 3月26日(月) 写真展とチェロ・コンサート。
札幌市厚別区、デュオ2-5F。新札幌ギャラリー。 19:00開演。

<<89> 4月1日(日) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、詩とパンと珈琲モンクール。 14;00開演。

<90> 4月3日(火) チェロ・コンサート。
標津郡中標津町、総合文化会館コミュニティホール。 19:00開演。

<91> 4月8日(日) 「PRAY 写真と美術展」
原田ミドー魂の講演と、チェロ・コンサート。
札幌市南区みすまい、リーフレット・ミューズ。 14:00開演。

<92> 4月14日(土) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、CAFE・LAKURA。(5回目) 19:00開演。

<93> 4月17日(火) チェロ・コンサート。
函館市地域交流センター。 13:00開演。

<94> 4月20日(金) チェロ・コンサート。
室蘭市、グリーン・デパート。(再演) 17:00開演。

<95> 4月22日(日) チェロ・コンサート。
夕張郡由仁町、YUNI・CAFE。(再演) 14:00開演。

<96> 4月23日(月) チェロ・コンサート。
札幌市西区琴似、CAFE・AMICA。 19:00開演。

<97> 4月26日(木) チェロ・コンサート。
夕張郡長沼町、長沼町図書館・ギャラリー。 18:30開演。

<98> 5月11日(金) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、カフェ・クレタ。 18:30開演。

<99・100> 5月19日(土) チェロ・コンサート。
札幌市清田区、鈴木内科医院デイ・ケアセンター。 
14:00開演と、18:00開演。 昼夜2公演。

<101> 5月26日(土) チェロ・コンサート。
虻田郡ニセコ町、喫茶こむぎ野。 18:00開演。

<102> 5月27日(日) チェロ・コンサート。
磯谷郡蘭越町、パーム・ホール。(再々演) 開演時間未定。(午後)

<103> 6月8日(金) チェロ・コンサート。
札幌市白石区、プランテーション。(再演) 18:30開演。

<104> 6月13日(水) チェロ・コンサート。
上川郡下川町、喫茶 APOLLO 。 19:00開演。

<105> 6月14日(木) チェロ・コンサート。
名寄市立、天文台・きたすばる。 15:00開演。

<106> 6月17日(日) チェロ・コンサート。
江別市野幌公民館。 19:00開演。

<107> 6月23日(土) チェロ・コンサート。
岩内郡共和町、西村計雄美術館。 14:00開演。

<108・109> 8月25日または26日で日程調整中。 チェロ・コンサート。
網走市教育委員会・エコーセンター、市内2会場で昼夜2公演を予定。

<110> 10月13日(土) チェロ・コンサート。
紋別市・夜公演。(再演) 会場・開演時間など詳細は未定。

被災者へのご支援、よろしくお願い致します。


ロスアンゼルスへの旅 (26) <9KMに及ぶ美しい海岸 ロング・ビーチ>

2012年03月08日

ロスアンゼルス(LA)の南、太平洋岸にある臨海都市、ロングビーチ・・・ 

美しい海岸は、9kmにも及ぶので、こう名付けられました。

ここの観光の目玉は、クイーン・メリー号・・・ロング・ビーチ水族館・・・
また、沖合いに浮かぶサンタ・カタリナ島の基地となる町でもあります。

ロングビーチには、地下鉄を乗り継いで行きました。

ホテル近くの駅からレッド・ラインに乗り、
途中でブルー・ラインに乗り換えて1時間ぐらいするとロングビーチに着きます。


0551.jpg

& LAの地下鉄3路線の1つ、ブルー・ライン・・・
 
ダウンタウンの7th ST・METRO CENTERから、
ロングビーチのダウンタウンまで22駅を1時間で結ぶ路線・・・
名はブルーでも何故か車体は白色でした。 

地下鉄と言っても、ダウンタウンの1部で地下に入る以外、地上を走るブルー・ライン。


地下鉄の料金は基本的に一律で、
端から端まで乗っても1ドル35セント、(160円・2003年)ですが、
このチケットでは他の路線に乗り換えることが出来ません。

このチケットには、 ” NO TRANSFER ” (乗り換え出来ません)
と書かれていて、乗り換える場合は、
25セント上乗せした1ドル60セント、(190円)の、
乗り換え可能のチケットを買わなければなりません。

LAの地下鉄は、ウィーンやアテネの地下鉄と同じで、
乗車時も下車時も改札がありませんから、
タダ乗りが出来そうですが、そんな甘いわけはありません。 

腰に拳銃をつけた2人組の検札官が、車内に突然検札に現れたり、
駅の要所・要所で抜き打ちで検札を行っています。

無賃乗車が見つかると、200ドル(2万4千円・2003年)
の罰金をその場で取られ、地下鉄から降ろされてしまいます。

200ドル・・・チケットの150倍です。

チケットは、ちゃんと買わなければいけません。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月4日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (25) <子供にお金を・・よいことなのか・・>

2012年03月07日

ティワナの町の路上で、
うしろからズボンを引っ張り、手を差し出す子供たち・・・

お金が欲しいんだな・・・お腹をすかしているんだな・・・

僕は無意識に小銭入れをポケットから取り出していました。

7~8人の子供たちに いきわたるように、コインを1つずつ、
安いコインは2つ、3つずつ手のひらに乗せてあげました。

子供たちは大喜び・・

その様子を別の子供たちがどこかで見ていたのか、数人が集まって来て、

「おじちゃん、ちょうだい・・」という風に手を出しました。

ところが、僕の小銭入れはカラッポになってしまい、
あげようにもコインがありません。カラになった小銭入れを見せ、

「もうないんだよ。」

子供たちは、がっかり、しょんぼりして去って行きました。

喜ぶ子供の姿を見るのは、嬉しいものですが、
しょんぼりした姿を見るのは、かわいそうでなりません。

しかし、子供にねだられてお金をあげるのは、どうなのでしょうか・・・

あれから9年・・・あの子たち、どうしているだろう・・・

0498.jpg


行きはよいよい、帰りは怖い・・・
メキシコ入国時はフリー・パスでしたが、出国時はきびしい検問が・・・

国境の検問所で、1時間ぐらい待たされてしまいました。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月4日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (24) <貧しい子供たち>

2012年03月06日

メキシコ人の長身のグラマーとツーショット・・・

気をよくして表に出ると、うしろからズボンを引っ張る者が・・・

子供です。

7~8人の、かわいい子供たちが、手のひらを差し出しています。
お金をねだっているんだな・・・

こうしたことは、ギリシャ・アテネ、トルコ・イスタンブールでもありましたし、
ミラノの大聖堂の前の広場では、
子供たちに囲まれてしまい困ったこともありました。

日本では経験がありませんが、
ニューヨークでもパリでも、ローマ、ミラノ、ウィーンなどでも、
路上や、野球場、美術館の前、地下鉄の駅構内・・・
人がたくさん集まる所で年老いた人が、
時には幼い子供を連れた老人が、物乞いをしています。

うしろからズボンを引っ張るメキシコの子供たち・・・

手を差し出し、クリクリしたかわいい目で、
何かを訴えるようにジッと僕を見つめる子供たち・・・

きっとお腹をすかしているんだな・・・

無意識に僕の手はポケットの小銭入れに・・・

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、3月4日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (23) <メキシコ美女と ツーショット>

2012年03月05日

メキシコ・ティワナの町・・・

「スズキさぁ~ん、」 「ワタナベさぁ~ん」 「タナカさぁ~ん」・・・

メイン・ストリートの各商店の前には客引きがいて、盛んに通行人を勧誘しています。
日本人だと思うと、日本で多い名前を片っぱしから並べて声をかけ、
しつこく誘われます。

「助けて、、」 「見るだけでいいよ、、」

うっかり店に入ると、やっかいなことになりそうです。

店の品物には値段が書いてなく、ふっかけられたりしてトラブルが多いと
ツアーのガイドさんから聞いていました。

団体、数人で一緒に店に入れば、ふっかけられても逆にどんどん値切って、
安く買う方法もあるのでしょうが、この時のツアー客は7~8人・・・

皆、知らない人ばかり・・・

自由行動の時間になると、どうしても1人になってしまいます。

細い路地には入らず、人通りが多いメイン・ストリートだけを歩き、
おみやげはガイドさんが薦めてくれた店で・・・

その店は、日本人夫妻が経営し、
メキシコ人の長身でグラマーの若い女性が働いていました。


0501.jpg


彼女は、メキシコのショールとトンガリ帽子を持って来てくれ、
2人はめでたくツーショット・・・

ルンルン気分で外に出ると、ズボンを引っ張る者が・・・

太モモのうしろ側を・・・

つづく


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

   3月26日(月)、19:00開演。 写真展とチェロ・コンサート。
   札幌市厚別区、デュオ2-5F、新札幌ギャラリーが新たに決まりました。

   今後のスケジュールは、3月4日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (22) <メキシコ・ティワナ 町の中心部に まだら模様の動物が10数頭>

2012年03月04日

アメリカとメキシコの国境からオンボロ バスに乗って15分・・・

ティワナの町に着きました。

メイン・ストリートの両側に商店、飲食店、バーなどが並ぶ風景は、
往年のアメリカの西部劇映画を思い起こさせてくれます。


0499.jpg


埃っぽい中、歩道の各所でゴザを敷き、幼い子供を連れたご婦人が物を売っています。

ネックレス、指輪、腕輪、イヤリングなど身につけるものがほとんどですが、
思い出に持ち帰りたくなるようなものは、ありませんでした。

ん? 歩道の先を見ると、白と黒のまだら模様の動物が・・・
シマウマか・・シマウマにしては小さいな・・じゃ、シマウマの子供か・・・
いやいや、ここはアフリカのサバンナではない。シマウマのはずがない・・・

ロバか? 白馬は誰でも知っていますが、白ロバは?
黒っぽい塗料を塗られた白い動物は多分ロバ・・・


0497.jpg

メキシコのトンガリ帽子を観光客にかぶせ、
塗料を塗られた白ロバ?の背に乗せ記念写真を撮って売る・・・

こんな商売だったのです。

「いくら?」

「5ドル。」

「高いな。」

「お前のカメラで撮るなら2ドル。」

「いや、1ドルでどうだ。」

「OK。」

いいかげんな値段・・・しかし、仕事が少なく貧しいメキシコ・・・
生きるために知恵をしぼり、その結果こんなことにもなるのでしょう。

いいかげんで、けしからん・・などという気持ちには、とてもなれませんでした。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

6月8日(金)、18:30開演。 チェロ・コンサート。
   札幌市白石区、「プランテーション」(再演)が、新たに決まりました。
   
   今後のスケジュール。

<88> 3月26日(月)、写真展とチェロ・コンサート。
札幌市厚別区、デュオ2-5F。新札幌ギャラリー。 19:00開演。

<89> 4月1日(日) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、詩とパンと珈琲モンクール。 14;00開演。

<90> 4月3日(火) チェロ・コンサート。
標津郡中標津町、総合文化会館コミュニティホール。 19:00開演。

<91> 4月8日(日) チェロ・コンサート。
札幌市南区みすまい、リーフレット・ミューズ。 14:00開演。

<92> 4月14日(土) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、CAFE・LAKURA。(5回目) 19:00開演。

<93> 4月17日(火) チェロ・コンサート。
函館市地域交流センター。 13:00開演。

<94> 4月20日(金) チェロ・コンサート。
室蘭市、グリーン・デパート。(再演) 17:00開演。

<95> 4月22日(日) チェロ・コンサート。
夕張郡由仁町、YUNI・CAFE。(再演) 14:00開演。

<96> 4月23日(月) チェロ・コンサート。
札幌市西区琴似、CAFE・AMICA。 19:00開演。

<97> 4月26日(木) チェロ・コンサート。
夕張郡長沼町、長沼町図書館・ギャラリー。 18:30開演。

<98> 5月11日(金) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、カフェ・クレタ。 18:30開演。

<99> 5月27日(日) チェロ・コンサート。
磯谷郡蘭越町、パーム・ホール。(再々演) 開演時間未定。(午後)

<100> 6月8日(金) チェロ・コンサート。
札幌市白石区、プランテーション。(再演) 18:30開演。

<101> 6月13日(水) チェロ・コンサート。
上川郡下川町、喫茶 APOLLO 。 19:00開演。

<102> 6月14日(木) チェロ・コンサート。
名寄市立 ” 天文台・きたすばる ” 15:00開演。

<103> 6月17日(日) チェロ・コンサート。
江別市野幌公民館。 19:00開演。

<104> 6月23日(土) チェロ・コンサート。
岩内郡共和町、西村計雄美術館。 14:00開演。

<105・106> 8月25日または26日で日程調整中。 チェロ・コンサート。
網走市教育委員会・エコーセンター、市内2会場で昼夜2公演を予定。

<107> 10月13日(土)チェロ・コンサート。
紋別市・夜公演。(再演) 会場・開演時間など詳細は未定。

被災者へのご支援、よろしくお願い致します。


ロスアンゼルスへの旅 (21) <歩いて越えた アメリカとメキシコの国境>

2012年03月03日

サンディエゴのハワイアン・レストランのまずいランチ・・・

気を取り直してメキシコ・ティワナへ・・・

国境の100mほど手前に駐車場があり、そこでツアーのマイクロバスを降りました。

国境ではパスポート不要、審査は一切なし・・・

メキシコはフリーパスで、観光客をどんどん入国させてしまいます。
観光客に、お金を使ってほしいのでしょうか・・・

100mぐらい歩くと、バスの乗場がありました。
そこには黄色のガタガタのオンボロ バスが・・・


0500.jpg


メキシコのバスは、
アメリカで使い捨てになったバスを払い下げてもらい使っているのだそうです。

エンジンがかかるまで時間がかかり、かかってもなかなか発車しません。

オンボロ バスなので、暖かい気候なのにエンジンを5~6分温めてから発車しないと
エンストしてしまうのだそうです。

タクシーもバスと同じ黄色一色・・・
メーターがついていません。
うっかり乗ってしまうと、運転手とトラブルになるので、乗らない方がよい・・・
ガイドブックに、そう書いてありました。

ガタビシ ガタビシ・・・


0514.jpg

乗り心地の悪いアメリカからの払い下げのバスに15分ぐらい乗っていると、
ティワナの町に着きました。

メイン・ストリートの歩道のところどころにまだら模様の動物が・・・
ん? なんじゃこりゃ・・・

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、2月29日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (20) <カクテル・ビールなど いらん!>

2012年03月02日

ロスアンゼルス→サンディエゴ→メキシコ・ティワナ・・・

日帰り10時間の小旅行・・・

0495.jpg


サンディエゴの港で遊んだあと、ランチはこの町で・・・

レストランは、 ” バリハイ ” という名のハワイアン・レストランでした。


0488.jpg

美しい海を眺めながらのランチ・・・


0489.jpg


ランチ・メニューはバイキング・・・

豊富な種類・・見た目にはうまそうな料理・・・

しかし、うまいものなし・・・

ビールを頼んだら、ウエイトレスが持って来たのは 
” コロナ ” という名のメキシコのビールで、330mlの小瓶でした。
栓を抜いた瓶の上に、なんと4分の1に切ったライムが乗せてあるのです。

こりゃビールじゃなくて、カクテル・ビールだ・・・
1度ゴクリとやって、やめてしまいました。

ビールにライムの果汁を・・・
どうして、こんなナンセンスなことをするんだろう・・・

0491.jpg


こんなビールの出来損ない見たいなヤツを飲ませるな!

値段は、小瓶なのに5ドル、(600円・2003年)それにチップ・・・

楽しみにしていたランチですが、不愉快極まりません。

こんな時、札幌のビヤホールのビールが脳裏をかすめます。

ジョッキーに注がれた、黄金色にキラリと輝く美しいビール・・・

ジョッキーの4分の3ぐらいは、黄金色のビールを・・・
黄金色の上、4分の1ぐらいは、真綿のようにやわらかな、キメの細かい泡を・・・
それがやさしくビールの蓋をします。

ビールは、こうこなくちゃ・・・

ビールのうまい国・・・

チェコ、ドイツ、オーストリア、ギリシャ、トルコ・・・
それぞれの国のビールには、それぞれのコクがあり、飲み比べて見るのも楽しいです。

フランス、イタリアは、ワインはうまくても、ビールはまずくて論外です。

日本のビールは、外国のうまいビールに比べるとコクが少なく淡白ですね。

つづく。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、2月29日に投稿したブログでお知らせしています。

ロスアンゼルスへの旅 (19) <39年ぶりの サンディエゴ>

2012年03月01日

ロスアンゼルス(LA)から、太平洋岸沿いに車で2時間ぐらい南に下ると、
風光明媚な美しい港町、サンティエゴに・・・

0492.jpg

この町には1964年に日本フィルの ” 北米カナダ演奏旅行 ” で訪れました。


0484.jpg


1964年といえば、東京オリンピックの年・・・

ニューヨークでオープニング・コンサートを行って、
ホノルルで千秋楽を迎えるまで、50日間で34公演・・・

ボストン響の演奏旅行も気が遠くなるような、きびしいスケジュールでしたが、
38年間のオーケストラ活動の中で、 
” 北米カナダ・・・ ” が、最もきついスケジュールだったように思います。


0493.jpg


日本フィルのサンディエゴ公演は、
千秋楽・ホノルル公演の1つ前、確か33回目の公演でした。


0494.jpg

美しいブルーとグリーン・・・身も心も洗われるようでした。


0496.jpg


サンディエゴは、人間が生活する上で、世界で3番目に快適な町なのだそうです。
何を基準にしているのかわからないのですが、
現地の人や、その周辺の人は、そのように言っているそうです。


0485.jpg

美しい海、青い空・・・

港にはモーターボ-ト、小型の釣船が所せましと停泊していました。

レジャー用だな・・・

経済的に恵まれた人が多く住んでいるのでしょう。

0486.jpg


 沖にはアメリカの軍艦も・・・


なつかしのサンディエゴには、
ロスアンゼルス→サンディエゴ→メキシコ・ティワナ・・・
日帰り10時間の小さなツアーで立ち寄りました。

次回は、サンディエゴのハワイアン・レストランでのランチのお話です。

つづく。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジジュールは、2月29日に投稿したブログでお知らせしています。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック