« ロスアンゼルスへの旅 (17) <なんとかならんのか! 居酒屋の煙草> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (19) <39年ぶりの サンディエゴ> »

ロスアンゼルスへの旅 (18) <ハリウッド 悲劇の新人女優>

2012年02月29日

ロスアンゼルスといえば、まずハリウッドが頭に浮かぶ方も多いでしょう。

ロスアンゼルス国際空港(LAX)に着陸する直前、
飛行機の小さな窓から目を凝らすと、なだらかな山の斜面に、
大きな ” HOLLY WOOD ” の看板を目にする事が出来ます。

この大看板は、 ” ハリウッド・サイン ” と呼ばれる有名なもので、
ハラウッドを象徴するものの1つです。

1923年、この大看板が建設された時は、 ” HOLLY WOOD ” だけでなく、
” HOLLY WOOD LAND ” ・・・13文字の大看板でした。

” ハリウッド・サイン ” の1文字・・・
H から始まるわけですが、この1文字の高さが15,2メートル・・・
幅が9,1メートル・・・
最初の H から最後の D までが137メートルという巨大看板です。


0502.jpg


& 上の写真を撮影した場所は、映画の町ハリウッド、ユニバーサル・スタジオ・・・

建設費21,000ドル・・・
これは、今から89年前の価格ですから、相当なものです。

大看板が出来て9年後・・・

新人女優が、仕事の失敗を苦にして、
 ” HOLLY WOOD LAND ” ・・・13番目の文字・・・
最後の ” D  ” の文字の上から、飛び降り自殺してしまいました。

ロンドン生まれの女優、名はペグ・エントウィスル・・・

ニューヨークのブロードウエイのショーで注目をあびた舞台女優ですが、
ハリウッドに移ってからは、何故か仕事に恵まれず、
たった1度出演した映画もヒットしませんでした。

夢やぶれたペグは、
撮影所やハリウッドの街を見下ろす大看板の上から身を投げたのです。

最後の ” D ” の文字には、
作業員が残して行ったハシゴが、かけられたままになっていました。

そしてペグが死んだその夜、彼女の部屋には、
新しい舞台の仕事を依頼する手紙が届いていました。

その舞台での彼女の役は、自殺する少女の役だったのです。

つづく。

& このお話は、 ” 地球の歩き方、ロスアンゼルス、
2,000~2,001年版 ” から引用しました。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

  新たに、4月26日(木)、18:30開演。 チェロ・コンサート。
  夕張郡長沼町、長沼図書館ギャラリーが決まりました。

  今後のスケジュール。

<88> 4月1日(日) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、 詩とパンと珈琲モンクール。 14;00開演。

<89> 4月3日(火) チェロ・コンサート。
標津郡中標津町、総合文化会館コミュニティホール。 19:00開演。

<90> 4月8日(日) チェロ・コンサート。
札幌市南区みすまい、リーフレット・ミューズ。 14:00開演。

<91> 4月14日(土) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、CAFE・LAKURA。(5回目) 19:00開演。

<92> 4月17日(火) チェロ・コンサート。
函館市地域交流センター。 13:00開演。

<93> 4月20日(金) チェロ・コンサート。
室蘭市、グリーン・デパート。(再演) 17:00開演。

<94> 4月22日(日) チェロ・コンサート。
夕張郡由仁町、YUNI・CAFE。(再演) 14:00開演。

<95> 4月23日(月) チェロ・コンサート。
札幌市西区琴似、CAFE・AMICA。 19:00開演。

<96> 4月26日(木) チェロ・コンサート。
夕張郡長沼町、長沼町図書館・ギャラリー。 18:30開演。

<97> 5月27日(日) チェロ・コンサート。
磯谷郡蘭越町、パーム・ホール。(再々演) 開演時間未定。(午後)

<98> 6月8日(金) チェロ・コンサート。
札幌市白石区、プランテーション。(再演) 18:30開演。

<99> 6月13日(水) チェロ・コンサート。
上川郡下川町、喫茶 APOLLO 。 19:00開演。

<100> 6月14日(木) チェロ・コンサート。
名寄市立 ” 天文台・きたすばる ” 開演時間未定。

<101> 6月17日(日) チェロ・コンサート。
江別市野幌公民館。 19:00開演。

<102> 6月23日(土) チェロ・コンサート。
岩内郡共和町、西村計雄美術館。 14:00開演。

<103・104> 8月25日または26日で日程調整中。 チェロ・コンサート。
網走市教育委員会・エコーセンター、市内2会場で昼夜2公演を予定。

被災者へのご支援、よろしくお願い致します。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17558

コメント

英順さん

もう少しで震災から1年ですね。
チャリティーコンサートの数といったら改めて見てみると、本当にびっくりしてしまいます。
4月から、またハードなスケジュールになりますね。
lakuraも私自身も色んな形で関わることができて、また、英順さんから日々学ぶ事が多く、感謝しております。

どうかお体、大切に!
ばっちり体内アルコール消毒致しましょう♪
(笑)

はっちゃん、コメントありがとう。

チャリティ・コンサートは、これからも続けます。

LAKURA でのチャリティは、
4月14日が5回目・・・

何度も会場を無償提供してくれてありがとう。

はっちゃんも、ピアノ頑張って下さいね。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック