« ロスアンゼルスへの旅 (15) <リトル トーキョー> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (17) <なんとかならんのか! 居酒屋の煙草> »

ロスアンゼルスへの旅 (16) <日系人 苦難の歴史>

2012年02月27日

110数年前に LA に渡った日本人・・・

彼等が切り開いた ” リトル・トーキョー ” には苦難の歴史があります。


0473.jpg


0470.jpg


第2次世界大戦中、アメリカの憲法では、
アメリカ国民の平等がうたわれているにもかかわらず、
アメリカに住む日系人は、日本軍の真珠湾奇襲攻撃後、人種差別を受けました。

彼等はアメリカ国内での差別に対する戦いと、
自分の国、アメリカを守るため日本軍との戦い・・・

この2つの戦いに立ち向かわなければならなかった・・・という歴史があるのです。

日本人の血でありながら、日本軍と戦う心の痛み・・・

アメリカへ渡ったことによって、アメリカ国籍を取得し、
アメリカ人でありながら、日本の真珠湾攻撃をきっかけに資産没収、差別、
基本的人権の剥奪、強制収容・・・

このような苦難の道を歩まざるを得なかったのですが、
彼等はアメリカ社会の差別と偏見の中で、辛抱強く生きて来たのです。

レーガン政権時、第2次大戦下での数々の差別に対する公式な謝罪があり、
決着を見ているのですが、
日系人たちが苦難の歴史を背負って来たという事実を、
我々も知る必要があるのではないでしょうか・・・

つづく。

& このブログは、” 地球の歩き方、ロスアンゼルス、
2000~2001年版、 ” を、参考にしました。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、2月22日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17552

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック