« 東日本大震災・チャリティ・コンサート (87) <余市町 余市テラス> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (12) <ビールはうまい うまく飲ませろ!> »

ロスアンゼルスへの旅 (11) <NBA と日本のバスケット 何故ルールが違うの?>

2012年02月22日

NBAのプレイに、すっかりはまってしまった僕は、
まるでバスケット・ボールの中毒患者のようでした。

次に観戦したのは、レイカーズとマイアミ・ヒートの戦いでした。


0549.jpg


写真: 左、コービー・ブライアント。 中央はシャック・オニール。
    

マイアミ・ヒートは強豪レイカーズに善戦し、
第2クォーターまで50対50の手に汗にぎる大接戦・・・
身長2メートルを越える大男たちが、スピーディに動き回り、迫力満点・・・

しかし、第3クォーターからは、
レイカーズが地力を発揮し、後半はレイカーズの一方的な試合に・・・

レイカーズのスーパー・スター2人・・・

コービー・ブライアントとシャック・オニール・・・

2人のギャラは、日本のプロ野球界とはケタ違い・・・
アメリカのメジャー・リーグの最高級の選手より高額・・・
世界のあらゆるプロ・スポーツの世界で、最もギャラが高い選手です。

2人は真っ赤なフェラーリを乗り回す一方で、
祖国南米に、病院や学校を建て、人々に尽くしているそうです。


0476.jpg


さて、同じバスケット・ボールなのに、
NBA と日本でルールが違うのが気になりました。

NBA は、1クォーターが12分・・・日本は10分・・・

たった2分ぐらい・・・なんて言ってはいけません。
残り1秒で試合が逆転することだってあるのですから・・・
だからスリル満点で、このスポーツは面白い・・・

もう1つは審判員の数・・・

NBA は3人・・・日本は2人・・・

審判員が3人いると反則を見抜きやすく、公正なジャッジを下すことが出来ます。
2人だと、審判員に死角が出来、反則を見落とすことがあるでしょう。

審判員が見落としても、ベンチが見抜きコーチが抗議しても受け入れられず、
抗議を続けるとコーチは退場させられてしまいます。

日本のバスケット・ボール協会は、
何故審判員を3人制にしないのか理解に苦しむところです。

つづく。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

新たに、 6月14日(木)名寄市市立天文台 ” きたすばる ” 
が、決まりました。 時間未定。

今後のスケジュール。

<88> 4月1日(日) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、 詩とパンと珈琲モンクール。 14;00開演。

<89> 4月3日(火) チェロ・コンサート。
標津郡中標津町、総合文化会館コミュニティホール。 19:00開演。

<90> 4月8日(日) チェロ・コンサート。
札幌市南区みすまい、リーフレット・ミューズ。 14:00開演。

<91> 4月14日(土) チェロ・コンサート。
札幌市中央区、CAFE・LAKURA。(5回目) 19:00開演。

<92> 4月17日(火) チェロ・コンサート。
函館市地域交流センター。 13:00開演。

<93> 4月20日(金) チェロ・コンサート。
室蘭市、グリーン・デパート。(再演) 17:00開演。

<94> 4月22日(日) チェロ・コンサート。
夕張郡由仁町、YUNI・CAFE。(再演) 14:00開演。

<95> 4月23日(月) チェロ・コンサート。
札幌市西区琴似、CAFE・AMICA。 19:00開演。

<96> 4月26日(木) チェロ・コンサート。
夕張郡長沼町、長沼町図書館・ギャラリー。 18:30開演。

<97> 5月27日(日)チェロ・コンサート。
磯谷郡蘭越町、パーム・ホール。(再々演) 開演時間未定。(午後)

<98> 6月13日(水) チェロ・コンサート。
上川郡下川町、喫茶 APOLLO 。 19:00開演。

<99> 6月14日(木)。チェロ・コンサート。
名寄市立 ” 天文台・きたすばる ” 開演時間未定。

<100> 6月17日(日) チェロ・コンサート。
江別市野幌公民館。 19:00開演。

<101> 6月23日(土) チェロ・コンサート。
岩内郡共和町、西村計雄美術館。 14:00開演。

<102・103> 8月25日または26日で日程調整中。チェロ・コンサート。
網走市教育委員会・エコーセンター、市内2会場で昼夜2公演を予定。

被災者へのご支援、よろしくお願い致します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17533

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック