« 東日本大震災チャリティ・コンサート (86) <酷寒の町 下川町> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (9) <仰天! NBA プレイオフのチケットが3,000ドル> »

続・・東日本大震災チャリティ・コンサート (86) <酷寒の町 下川町>

2012年02月18日

名寄駅には、下川町にお住まいのカネタさんが車で迎えに来て下さいました。

どこを見ても雪ばかり・・・車に乗っていても一寸先は雪・・・

カネタさん、本当に運転大変でしたね。

コンサート会場になったのは、桜ヶ丘公園センターハウス・フレペ・・・
” フレペ ” とは、アイヌ語で ” 赤い ” という意味だそうです。


922.jpg


下の写真は、フレペの内部。 ほとんどが木造です。

920.jpg


このコンサートでピアノ伴奏をしてくれたのは、鳥居はゆきさん・・・

地方のチャリティ公演では、昨年、白老町で共演して以来2度目です。


918.jpg


札幌市中央区で、カフェと洋服屋さんを経営し、
” はっちゃん ” の愛称で親しまれている人気者・・・
最近は、カフェ、洋服屋さんの経営にピアノ演奏が加わり、3足のわらじで大活躍・・・

カフェが18時に閉店すると、
それから地下鉄の最終の時間まで店のピアノで練習しているとか・・・
本人は、どれが本業なのか、わからなくなって来ているのかも知れません。

努力家の、はっちゃん、これから共演が増えそうです。


915.jpg

この日の入場者・約50名。
義援金額・¥69,053は、
” 福島の子供を守ろうプログラム実行委員会 ” へ・・・ 
ふくしまキッズの林間学校プログラムの支援金に使われるそうです。


926.jpg


宿泊は、五味温泉。名前を掲げて歓迎してくれました。


終演後は、町内の ” 喫茶アポロ ” で、ご馳走になりました。

下川の山で捕獲した鹿のカルパッチョ・・・
やや厚めにスライスした肉は、口に入ると、とろけるようなやわらかさ・・・

醤油をベースに、たまねぎ、いちじくをすり、はちみつを加えたタレが絶品!
うまくてうまくて、もうたまらんです。

肉料理に欠かせないのが赤ワイン・・・

フランスのシャトー・スーベニア、シャトー・モンペラの2種類・・・

こりゃ、もう極楽じゃ・・・

鹿肉のせいではありませんが、
6月13日に、この店でチャリティ・コンサートを約束しました。

PS:義援金額¥69,053のうち、¥10,000は、
  ” 喫茶アポロ ” のマスターからの募金です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17527

コメント

フレペ(赤い)に赤いマフラーに赤いチェロケースばっちりマッチしてますね♪

emi さん、コメントありがとう。

下川町では、フレペも、お客さんも、
五味温泉も、打ち上げの料理も、
「すべてよし」で、最高でした。

"はっちゃん"さん、カフェ・洋服店・ピアノ、とは多才な方ですね。素敵なことばかりをお仕事にされていて、憧れてしまいます♪

ふみさん、コメントありがとう。

頑張り屋さんの、はっちゃんは、
小学生3人のお母さんでもあります。

頑張る母の姿を見て育つ子・・
コンサートで母が弾くピアノを聴いて育つ子・・

子に対してどんな言葉を並べるよりも、
これほど立派な教えは他にないでしょう。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック