« ロスアンゼルスへの旅 (3) <こりゃ 極楽じゃ> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (4) <シャトルバスで市内へ> »

<チェロと チビッ子たち >

2012年02月11日

<ロスアンゼルスへの旅>は、1回休みます。

2月9日午前、札幌市の ” 新琴似保育園 ” のホールで、
” 誕生会プチ・コンサート ” があり、チェロを弾きました。


910.jpg

数10名の園児たち・・それに、保護者・地域の親子20名ぐらい・・・

” 子は宝 ” ・・・なんと、かわいい子たちなんだろう・・・

「チェロは、こんなに低い音から、こんなに高い音まで出るんだよ。」

「うぁ~、すごい、すごい・・・」

次に、 ” どんぐりころころ ” を弾きました。

作曲は梁田 貞。 札幌出身の作曲家・・・中央区の資生館小学校に像があります。
国語学者、金田一 春彦が、 ” 日本の3大童謡の1つ ” と評した童謡です。

” むすんでひらいて ” ・・・ 
作曲はフランスの思想家・作家、ジャン・ジャック・ルソー。

” 夕焼け小焼け ” も弾きました。
草川 信が、1923年(大正12年)に発表した童謡。

チビッ子たちは口を大きくあけて、チェロと一緒に歌っていました。

「今日が誕生日の人はいるかい?」

「・・・・・」

「じゃぁ、2月生まれの人はいるかい?」

手をあげたのは、ハル君と、ユウちゃん・・・


907.jpg


将来、ハル君がなりたいのは消防士・ユウちゃんがなりたいのはケーキ屋さん・・・

「誕生祝いにチェロにさわらせてあげるよ。」

ちょい、はにかみながら前に出てきたチビちゃん2人・・・
弦をはじいて嬉しそうでした。


911.jpg

「いいな、いいな・・・」ほかのチビちゃんたちは、うらやましそう・・・

ほかにハッピー・バースディ、もののけ姫、千と千尋の神隠し、ふるさと、
夏の思い出などを弾き、チビッ子たちに喜ばれました。


909.jpg


ケーキ屋さんになりたいユウちゃんは、
折り紙で作ったチューリップをプレゼントしてくれました。

908.jpg


幸せな午前のひとときでした。


PS・・東日本大震災チャリティ・チェロ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、2月4日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17478

コメント

幸せな人生とは幸せな時間をたくさん積み重ねることではないでしょうか。英順さんはみんなに幸せな時間をくださって、それが英順さんに跳ね返ってくるんですね。

このみさん、コメントありがとう。

僕のチェロを聴いてくれた人が、
もし、幸せな気持ちになってくれるなら・・・

それが僕の幸せです。

幸せのキャッチボール・・・いいですね。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック