« ロスアンゼルスへの旅 (4) <シャトルバスで市内へ> | メイン | ロスアンゼルスへの旅 (6) <世界最高峰をいくNBA チケットがタナボタ> »

ロスアンゼルスへの旅 (5) <日本人村に到着>

2012年02月13日

ロスアンゼルス空港(LAX)から、
ダウンタウン、リトル東京エリアにある、 ” 日本人村 ” のホテルへ・・・

利用したドア トゥ ドア、シャトルバスのオバチャン・ドライバー・・・

ふっ飛ばすこと、ふっ飛ばすこと・・・

LAXから市内に向かう高速道路は片側6車線・・・
アメリカには、片側10車線のところもあるそうです。
高速道路の料金は、ほとんどが無料・・・

80マイル~90マイル(128km~144km)で走行していましたが、
それを追い抜いていく車が多いのにも驚きました。

アメリカ・・・特にロスアンゼルス(LA)は、車社会・・・

スピード感覚が違うのでしょうか・・・

シャトル・バスの乗客は12~3人・・・

順番は僕が最後から2番目だったので、ホテルまで1時間半もかかってしまいました。

フロントに行くと日本人女性が、「いらっしゃいませ。」と、迎えてくれました。


0519.jpg


写真: 日本人村の中に、やぐらのようなものが・・・植木も日本風・・・ 


時刻は13:00・・・日本時間06:00・・・
一睡もしていないので、眠くてたまりませんが、ここで寝てはダメ!

身体をLAの時間にあわせなければいけません。

部屋に入り窓の外を見ると、通りの向かいに居酒屋風の店がありました。

よっしゃ! いっちょうビールでも飲みに行くか・・・

「いらっしゃいませ。」 ここでも日本人女性が・・・

店員は、全員日本人・・・ビールと天ぷらソバを・・・

10時間も飛行機に乗って、まだ日本にいるようでした。

つづく。

PS:東日本大震災チャリティ・チェロ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、2月4日に投稿したブログでお知らせしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17419

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック