« <東日本大震災チャリティ・コンサート 今後のスケジュール > | メイン | <僕のオーケストラ活動 最後のステージ> »

<札響 グリーン・コンサート>

2012年02月05日

豊かな自然の中で、のびのびと音楽を・・・

それは1970年に、
アメリカ・マサチュ-セッツ州・タングルウッドで体験していました。

緑の中での野外コンサートは札幌でも・・・

” 札響グリーン・コンサート ” です。


0526.jpg

屋内でやるコンサートと違い、なんとも言えない開放感があり、
美しい緑だけではなく、時には花の香り、
小鳥のさえずりも音楽に参加することが・・・

燕尾服は、グリーンのTシャツと白いズボンに変わります。


0536.jpg

しかし、よいことばかりではありません。

ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器は、直射日光、多湿、乾燥し過ぎも嫌います。
雨は霧雨でもアウト・・・


0535.jpg


風は楽譜が飛んでしまうので、これもアウト・・・
楽譜は洗濯ばさみでとめて固定しますが、めくるのが大変です。

美深町の森の中でのグリーン・コンサートの時は、
演奏中大きなヤブ蚊に襲われ、蚊取り線香をガンガン焚くなかで弾きました。


0532.jpg


コンサートが野外なら、ビールも野外がいい・・・

札幌での公演なら、大通り公園のビアガーデンが待っていてくれます。

演奏のあとは、グリーンのTシャツのままでビアガーデンへ・・・

0529.jpg


ビールは喉で味わう陽気な飲物・・・

ビール好きの仲間とジョッキーをガチンコし、グイッと一杯・・・

北海道の野外で飲む生ビールの味は格別です。

グリーン・コンサート ヽ(^o^)丿

ビール ヽ(^o^)丿

写真: グリーン・コンサート会場は、すべて知事公館中庭。
    撮影は土井るみ子さん。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17392

コメント

さだかではありませんが…
初回のグリーンコンサート、道庁赤れんが前で聴いたような…

そのころだったでしょうか
初めて札響で“スターウォーズのテーマ”を聴いて
高かったクラシックの敷居が
「特に音楽を勉強していなくても、聴きに行っていいんだ」
と、かわったのでした。

そうして、いつからかロマンスグレーのチェリスト氏のファンになったのです…よ。

kyo さん、コメントありがとう。

初回のグリーン・コンサートは、
道庁赤レンガ庁舎前でした。

その後、知事公館に変わりました。

あれから20数年・・・
ロマンスグレーのチェリストは、
すっかり髪がうすくなりました。

英順さん

いつもありがとうございます♪
親子揃ってお世話になっています。

むむむむ。。。。チェロの色が今と違う!!!
気のせい??いや。。。違う!!!

はっちゃん、コメントありがとう。

野外コンサートの時は自分のチェロは使わず
オーケストラのチェロを使っていました。

高価なチェロを保護するためです。

でも、よく気がつきましたね。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック