« チェロを弾く役者「その9」 | メイン | チェロを弾く役者「その11」 »

チェロを弾く役者「その10」

2010年06月26日

劇団「TPS」、韓国公演の続編です。

ソウル、「アルコ芸術劇場」で、4公演を終え、
次の公演地、「議政府(ウィジョンブ)」に向かいましたが、
心の中は、ソウルでのすばらしい思い出や、感動でいっぱいで、
後ろ髪を引かれる思いでした。

ソウルで、文化の香り高いエリア、大学路(テハンノ)。
そのエリアの代表的な存在でもある、「アルコ芸術劇場」。
大小二つのの劇場に、地下には広い稽古場もあるすばらしい劇場です。

劇場の前には、美しいマロニア公園。

このようなすばらしい劇場の舞台に立つことが出来たのは、
身に余る光栄なことでした。


103.jpg

「アルコ芸術劇場」で、開演前のロビー・コンサ-ト。
リハーサル中、うしろで楽譜を覗いているのは、
斉藤歩さん。

撮影:高橋克己。


ソウル近郊の都市、ウィジョンブでは、
「ウィジョンブ芸術の殿堂」で「国際音楽劇祭」が開催され、
世界数ヵ国の劇団が、この「音楽劇祭」に参加しました。

地元、韓国の他、アイスランド、イギリス、ロシア、チリ、フランス、
そして日本からは、「TPS」が参加しました。

「TPS」の演目は、ソウルと同じ「春の夜想曲(ノクターン)」でした。

「春の夜想曲(ノクターン)」で使われている音楽は、
斉藤歩さんによって、この芝居のために作曲・編曲されたものだし、
チェロとピアノの生演奏もあるので、「音楽劇祭」の演目として、
内容が主催者の主旨に沿うものだったのでしょう。

生まれて10年ぐらいの劇団が、
生まれたばかりの作品を引っさげて、「国際音楽劇祭」の舞台で、
世界6ヵ国の名だたる劇団と競い合うということは、
すごい事だと思うのです。
こうした、貴重な体験を積み重ねて行くことによって、
「TPS」は、大きく、たくましく成長して行くのだと思いました。

1111.jpg

写真は、世界数ヵ国が参加した、
「ウィジョンブ音楽劇祭」のパンフレットから、
「TPS」の「春の夜想曲(ノクターン)。


本番の前日、稽古が終わったあと、チェロを持ったまま、
平田さんと二人で飲みに行きました。
その店は、僕らが宿泊していた駅前のホテルの隣にある、
大衆食堂のような店でした。

店内は、およそ店の雰囲気にそぐわない、
ベートーベンやドボルザークの弦楽四重奏曲が流れていました。

平田さんと二人で、僕にとってはあまりおいしくない焼酎を飲んでいると、
一人の男がのっそり店に入ってきました。

長身・黒髪で長髪、髭、ギョロリとした目つき。
疲れた様子で、無表情な男、、どこの国の人かな、、、

奥のテーブルに着席した彼は、
韓国語のメニューがわからないらしく、困っている様子でした。

平田さんが日本語で、「こっちへ来て一緒に飲まないか、、、」
と、彼を誘いました。

つづく。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12549

コメント

英訳してSpring Nocturne、国際的にも通用しそうな良い題名ですね(^^)
お店に入って来たのはナニ人??
続きが気になります(^O^)

ふみさん、ありがとう。

店に入って来たのはナニ人か?
ナニがあったのか?

それは次回のお楽しみですよ。

音楽劇祭というものがあるんですね。

話しの続きが気になります(*_*)

ところで最近北海道も本州の梅雨のように暑いですね><

夏バテしないように、ブログに稽古に演奏にがんばってくださいね!

えみさん、ありがとう。

北海道は、ここ数日ホントに暑いです。
きのうは、小樽でエアコンがない会場で
コンサートがあり、大変でした。

ブログに、芝居に、チェロ。
暑かろうが、寒かろうが、頑張ります。

続きが、とても気になります。
開演前のロビーコンサートでは
どんな曲を演奏されたのですか?
こんな暑い日は先生のピアソラが聴きたいなぁ
と思います。
暑い日が続きますが、お身体大切に
頑張ってください。
私もがんばりま〜す。

くーちゃんさん、ありがとう。

ソウルのロビー・コンサートでは、
バッハの無伴奏組曲1番を弾きました。

暑い日にピアソラ。いいですね。
心も燃えて益々暑くなる、、、

大丈夫?ま、いいか、、、アハハ。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック