<ボストン・ウイーンは単身赴任だった征爾さん>

2019年06月14日

 <再会49年ぶり 小澤俊夫さん> の続編です。

待ち合わせをした場所、札幌駅前のエルプラザから懇親会の会場、蕎麦屋さんへ向かう途中、 《 さっき征爾に電話したよ。 札幌で今夜、土田さんと飲むんだ・・って言ったらね、すっごく嬉しそうだった。》・・と、小澤俊夫さん。

IMG_20190608_184954.jpg懇親会で俊夫さんはビールと焼酎を、小生はビールと白ワインを飲みながら話し合い、話が尽きることがありませんでした。

ボストンでの29年間とウイーンでの6年間、征爾さんは子どもの教育を日本で受けさせるために家族と離れ、単身赴任で自炊生活をしていたということを初めて知りました。 食材を市場などで揃え、料理は自分で作っていたそうです。

そして、特にウイーンでの6年間が大変だったと。 俊夫さんは、ウイーンの征爾さん宅に一週間滞在したことがあり、国立歌劇場の音楽監督の仕事の大変さを目の当たりにして、弟の身体に無理な負担がかかったのではないかとおっしゃっていました。

リハーサルは、次の公演のためではなく、次の次の公演のため。

勉強・勉強・また勉強の日々だったのでしょう。 ウイーン国立歌劇場オーケストラの音楽監督の仕事は、もっと続けてほしかった、という思いと、友として彼の健康を願うなら6年で辞めてよかったのだ・・という複雑な気持ちです。

《 指揮者の仕事ってな、毎日崖っぷちを歩いているようなもんだよ。》 ・・ 若い頃、征爾さんが言っていたことが頭をよぎりました。

昔話に花が咲いた俊夫さんと小生。 途中からご婦人方が話に加わり49年ぶりの再会は大いに盛り上がりました。

IMG_5190,.JPG俊夫さんはFM福岡の番組に出演中で、その出演数は500回を超えたそう。 周囲からは1000回を目指せと言われているそうです。

【 FM福岡 小澤俊夫】 で検索してください。

小澤俊夫さんの 【昔ばなし大学】 出会えますよ。  

・・・・・・・・・・

道新ブログは6月30日をもって終了しますので

[ ボストンバッグにチェロと酒 ] は、7月1日に下記の住所に引っ越しします。

新住所   

https://eijun1.blog.fc2.com/

 7月以降もお付き合いのほど よろしくお願いいたします。  

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10689

コメント

吉野作造記念館の受付の本間と申します。
28・29・30日は宮城県大崎市でのチャリティコンサート、
ご来館お待ちしています。
個人的に小澤先生のラジオ番組が好きで拝聴しています。
「さんねんねたろう」の小澤先生のおはなしに感銘を受けました。
英順先生との楽しい再会のひとときを楽しまれたご様子にこちらも嬉しい気持ちになりました。

寒暖の差が激しいこの頃です。どうかお体を大切に。
ピアニストの北矢先生との共演楽しみにしております。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)