東日本大震災復興支援チャリティ 438 <中学生の吹奏楽と共演>

2019年06月10日

大震災復興支援チャリティコンサート<438>は、6月9日の午後、「福島の子どもたちを南幌に招待する会」 と 「当別ひまわりプロジェクト実行委員会」 の主催で、石狩郡当別町 「当別ふれあい倉庫 カルチャーホール」 で行われました。

この催しは、今夏も南幌町で行われる、福島の子どもたちのための保養キャンプを支援するための催しでした。

IMG_20190609_115936.jpgJR 札沼線 (学園都市線)、石狩当別駅前にある 「カルチャーホール」 は、レンガ造りの米蔵を改造して造られたホールで、様々なイベントに利用されています。

出演したのは、大西直子さん、渋谷英利さんらの 「なおこバンド」 、「当別中学校吹奏楽部」 で、小生は両者の演奏後に40分間チェロを弾きました。

IMG_20190609_120309~3.jpgアンコールでは、大西直子さんの箏と日本古謡 「さくらさくら」 を弾き、最後に中学生の吹奏楽と 「ふるさと」 を共演し、満席状態の80名のお客さまから盛大な拍手を頂戴しました。

吹奏楽の指揮をした当別中学校の高橋瞳先生は、利尻島の中学校で7年間教鞭を執られたあと、当別中学校に赴任された先生です。

高橋先生は、吹奏楽と一本のチェロという滅多にない編成のために、小生のチェロパートの楽譜を手書きで書いてくださいました。

小生にとって忘れられない思い出となり、共演した15名の生徒と高橋先生にCD 「祈り」 をプレゼントし、全員にサインをして喜ばれました。

打ち上げパーティでは、この催しの主催者、 「当別ひまわりプロジェクト実行委員会」 の大澤俊信さんが、次回の開催日程を早々と決めてくださったので、小生は出演を約束して別れました。

次回は2020年6月14日の日曜日です。

この日のご来場者数 80名  募金箱の¥36,036と、永井一子さんからのご寄付¥5,000を合わせた ¥41,036の義援金は 「じいたん子ども基金」 と、北海道胆振東部地震被災地支援として、 「安平町復興ボランティアセンター」 に¥20,518ずつを充てさせて頂きました。

皆さまのご厚情に心より感謝致します。 ありがとうございました。

・・・・・・

道新ブログは6月30日をもって終了しますので

[ ボストンバッグにチェロと酒 ] は、7月1日に下記の住所に引っ越しします。

新住所   

https://eijun1.blog.fc2.com/

7月以降もお付き合いのほど よろしくお願いいたします。  

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10680

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)