<大阪の聴衆から戴いたメッセージ 1>

2019年03月13日

『・・・先日は素敵な時間を共有させて頂きありがとうございました。 後日、私の所へ届いた英順さんへのメッセージと、その日の写真です。 ゆっくり ご覧になってください。・・・』

3月3日に大阪府和泉市春木町のお寺、 「観福寺」 で東日本大震災復興支援チャリティコンサート<433>が行われましたが、住職夫人の花岡礼子さんから、その日の聴衆のメッセージ、写真、またご来場くださった方からお預かりした募金が昨日拙宅に届きました。

冒頭は、礼子夫人のお手紙の1部です。

フルート演奏は中学1年生の衣咲さん

DSCN5409.JPG

衣咲さんのメッセージ

DSCN5415.JPG

右、衣咲さん、左、住職の花岡祐宣さん

DSCN5414.JPGプロ野球のゲーム終了後に、その日活躍してチームの勝利に貢献した選手に行なうヒーローインタビュー、大相撲の本場所で優勝した力士や、横綱、大関に勝ったり、勝ち越しを決めた力士に行なうインタビュー。

選手、力士は清々しく爽やかで、聞いていて気持ちがよいものです。

彼らがインタビュアーの問いかけに答える多くは、ファンの声援が後押ししてくれた、声援が力になった、と、ファンの声援に感謝し、喜びに溢れています。

演奏家の場合、ファンの声援に当たるのは、ブラボーコールであったり、スタンディングオベーションでしょうが、小生の場合それは滅多にありません。

それに代わるのが後日頂くメッセージであったり、コメント欄に頂戴するお客さまの声です。 それらが今の活動を続けて行く上でどれほど大きな心の支えになっているかは、改めて申し上げるまでもありません。

DSCN5418.JPGつづく。

✩✩ 3月8日にオオハシユウジさんから¥37,750  12日に大阪府和泉市の高原 登さんからチャリティコンサート<433>の募金¥1,000を 「じいたん子ども基金」 に   お預かりしました。 
 
オオハシさん、高原さん、お二人のご厚情に心より感謝致します。 ありがとうございました。
 
東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10442

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)