<崩落現場>

2019年02月08日

厚真町災害ボランティアセンターで山野下さんにお会いして、3月16日にコンサートの開催を決めた後、同じ町内の大型福祉仮設 「豊厚園」 へ行きました。

この施設は特別養護老人ホームや、身障者施設にいて被災した人たちをまとめて引き受ける全国初の施設だそうです。 

「社会福祉法人 北海道厚真福祉会」 の橋場さん、中島さんと話し合い、2月11日の15:30開演のコンサートを確定しました。

次の訪問は、むかわ町道の駅でしたが、厚真町でもう1ヵ所見ておきたい被災現場がありました。

この震災で最も被害が大きく、犠牲者が出た山の崩落現場です。

DSCN4951.JPG崩れ落ちた土砂は家を押しつぶし道路も埋めてしまいました。

DSCN4952.JPG土砂は取り除かれ、道路は開通していましたが、破壊された家はそのままで、地震の恐ろしさに啞然とするばかりでした。 破壊された建物の中に車がありました。

DSCN4969.JPG道路の片側は田畑。 片側は山。

DSCN4970.JPG農家の人たちは、田畑をより広くしたいため、山側に家を建てたのだそうです。 山が崩れることは予想もしなかったのでしょう。

DSCN4943.JPG被災3町を初訪問したのは2月2日。 仮設住宅へは2町で3仮設100世帯以上でしたが、ひっそりとしていて どなたともお会いすることはありませんでした。

支援したい! この人たちに!

でも。

今年になって最初のチャリティコンサートは福島で2月23日です。 これは東日本大震災支援のチャリティで、3月初旬の和歌山も大阪も三重も。

それぞれの主催者に胆振東部地震被災3町の実情を訴え、了解が得られたらお客さんにもお願いしてみよう。 募金の半分を北海道の被災地へ送りたいんだけどよろしいでしょうかって。 会場のお客さんはきっと拍手でこたえてくださるでしょう。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10331

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)