<音楽が見える>

2019年01月29日

『30歳代まではテクニックが身につく。 40代~50代になると、テクニックはつかなくなるが、身体の力が自然に抜けるようになり、それまでに身につけたテクニックが生きてくる。 60歳を超えると音楽が見えるようになる。

小澤征爾さんら、楽器部門を問わず、何人もの若手を世界的な演奏家に育てた名伯楽、斎藤秀雄先生が仰っていたことです。

小生が桐朋学園音楽科に在学中、はなたれ小僧だった頃のお話です。

ところで小生ですが、60歳はとうに超えました。 しかし音楽はまるで見えてこないのです。

「聴こえる」 のではなく 「見える」 

考えても考えても、その意味すらわかりません。

精進することにはやぶさかではなく、私生活はチェロの練習が最優先。 なのに・・・

天国に通じる電話があるなら斎藤先生にかけてみたい。

しかし・・・

『まだわからんのか! 自分で考えろ!』 って怒られそう。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 516166

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10299

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)