<小さな親切大きな感謝>

2018年12月30日

12月18日は帰宅の日

姫路で宿泊していたホテルは 「東横イン姫路 新幹線南口」

大阪伊丹空港行きの高速バス乗場は姫路駅北口 出発は7:45 空港着9:10の予定です。 これに乗れば伊丹空港発10:25の新千歳空港行きに余裕でセーフでしょう。

DSCN4569.JPGチェロを抱えてえっちらおっちら歩き、7:30にはバスターミナルに着きました。

バスの中では、旅の最中受けたいろいろなご親切が頭に浮かびました。

「岩国国際観光ホテル」 で湯たんぽをベッドに入れてくれたのは清掃担当の女性でしょうか。

翌朝、廊下でお会いしたら、

『あの、湯たんぽ、お邪魔ではなかったでしょうか。 私、余計なことをしてしまったのではないかと・・』

" いえいえ、足元から身体全体が温まってよく眠れましたよ。 ありがとう " 

その時の女性の嬉しそうなお顔。 もちろん、湯たんぽは次の日も入れてありました。

帰宅の日、小生はメモ用紙に一言書き残してベッドの上に置き部屋を出ました。

" ご親切、ありがとう。 嬉しかったです。 岩国にまた来たいです。 土田英順 "

DSCN4463.JPGチェックアウト時

チェロを抱えてパソコンを持ち、ショルダーバッグを肩にかけ、スーツケースを転がしフロントがある1階でエレベーターを降りました。

そこからフロントまでは離れていましたが、小生に気づいたフロントの若い女性、 遠くから駆け寄ってきて、『お持ちします』 と言い、荷物運びを手伝ってくださいました。

何だ、それぐらいのこと・・なんて言いなさんな。 小生、長い間 「チェロの旅」 を続けていて、このようなフロント女性のご親切に出会ったのは初めてのことだったんですから。

小さなご親切かもしれません。 でも、それがとってもとっても嬉しくて。 感謝の気持ちは大きく膨らみました。

小さな親切大きな感謝!

いいな、こういうのって。

錦川の河原 錦帯橋の下から見える 「岩国国際観光ホテル」

DSCN4451.JPG帰宅した翌日、ソロプチミスト岩国の西村早苗さんから電話がありました。

『アンコールでお弾きになったショパンのノクターンが収録されているCDありますか? 私、大好きなんです。』

翌日、彼女にノクターンが収録されている小生のCD 「チェロの旅」 を郵便局から送りました。

会う人、会う人、いい人ばっかり! 皆さん、この旅、本当に楽しかったですよ。 幸せでしたよ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう!

DSCN4580.JPG

DSCN4591.JPG

DSCN4653.JPG

DSCN4655.JPG

DSCN4534.JPG岩国・姫路の旅、これでおしまい。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10193

コメント

英順さん今年も本当にご苦労様でした。

来る年も笑顔の英順さんと素敵なチェロの演奏を楽しみにしております。お疲れさま~そしてありがとうございました。

英順さん、新年ですね!ゆっくりされてますか~

今年も素敵な演奏と 美味しいお酒と肴で乾杯!ですね。

また お目にかかれるのを楽しみにしております。

健康でいい出会いの新年でありますように☆彡 

このブログもいつも楽しみにしています~。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)