<忘れられた?西日本豪雨災害>

2018年12月12日

先日、銀行へ行きました。

" 西日本豪雨災害と胆振東部被災地支援の募金をお預りしているのです。 被災地へ送金したいのですが。 "

窓口の女性行員、『お取り扱いしておりません。』

変だな。 来年の3月未まで受け付けている、と新聞に出ていたと思ったんだけど。 小生の思い違いかな。

郵便局へ行ってみました。 窓口で同じ事をお願いしました。

『西日本? いつの災害ですか?』

" 今年の7月ですよ。"

局員は奥へ行き、災害被災地支援先が記載された大きな用紙を持ってきました。

『西日本・・ ないですね。 7月でしょ? あっ、 「平成30年豪雨災害」 ならありました。』

この時は災害から4ヵ月しか経っていない時。 災害は時とともに忘れられていくものかもしれません。 でも忘れるのが早すぎませんかね。 被災して困っている人がたくさんいるというのに。

それと大災害の名称は統一してほしいですね。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10132

コメント

そういうのをお役所仕事というのでしょうね。北海道だってブラックアウト等を経験しているのにもう忘れてしまっているのでしょうか?
土田さんのように身体をはって支援活動をなさっているのにそんな目にあうと気分が落ち込む事もしばしばでしょうがどうぞその為のストレスがうまく発散できるように願っています。

寒さはこれから本番ですね。どうぞご自愛下さい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)