本州チャリティ大ツアー <39> エピローグ 小国小学校 子どもたちの手紙

2018年11月29日

大ツアーが終わって帰宅した数日後、小国小学校の1,2年生担任の石井祐美子先生からお手紙を頂きました。 この学校は複式学級ですから、2学年が一緒に勉強しています。

『・・・子どもたちが、それぞれの気持ちを込めて手紙を書きましたので、お届けいたします。 感謝の気持ちを受け取っていただければ幸いです。・・・』

今年度の小国小学校の生徒数は19名。 1年生4名、2年生2名の手紙を原文のままご紹介します。

DSCN4313.JPG1年生 Sちゃん

『えいじゅんさんへ  十二月二日きれいなおんがくをきかせてくれて ありがとうございました。 ほんとうにありがとうございました。 すごくじょうずでねむりそうでした。 これからもながいきしてください。』

Gちゃん

『えいじゅんさん ありがとうございます。 いいうたでした。 もっとじょうずになってください。 またこんどきかせてください。』

Hちゃん

『土田えいじゅんさんへ、 とってもきれいなねいろをきかせてくださってありがとうございます。 これからもながいきしてたくさんのひとをよろこばせてくださいね。』

?ちゃん

『土田えいじゅんさんへ おんがくをいっぱいひいてくれたり、もんだいをだしてくれてありがとうございました。 これからもいっぱいれんしゅうして、がんばってください。 おうえんしています。』

DSCN4312.JPG2年生 Hちゃん

『土田英順さまへ わざわざ小国小学校にきていただきありがとうございました。 チェロのえんそうもありがとうございます。 とってもすてきなおんがくでした。 わたしは 「千とちひろのかみかくし」 がいちばんすごかったです。 本当にすてきなチェロのえんそうをありがとうございました。』

Kちゃん

『チェロのえんそうをありがとうございました。 どのきょくも私にとって心にのこっています。 1 ばんのこったのは、もののけひめです。 私は、この歌は、私もしっているのでびっくりしました。 またらいねんもきてください。』

DSCN4316.JPG「本州チャリティ大ツアー」 はこれでおしまい ( ´艸`)

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10083

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)