本州チャリティ大ツアー <37> 名峰 霊山 (りょうぜん)

2018年11月27日

11月2日

小国の友人、菅野昌信さんは、小国小学校のコンサートを最後まで聴いてくださいました。

『昼食に行きましょう。 景観がよい道の駅へご案内します。』

子どもたちと別れ、霊山に向かいました。 東北の秀峰として名高い霊山は、国の史跡、名勝に指定され伊達市のシンボルだそうです。

IMG_1494.JPG山中にはハイキングコースが整備されているそうですが、小生はチャリティ大ツアーの7公演がすべて終わったところ。 山道を歩く元気は残っておらず、望みはベッドに横になることでした。

「伊達の郷 りょうぜん」 は、伊達市内初の道の駅。

DSCN4270.JPG昼食を終えると、 『今夜我が家で夕食を一緒にどうですか?』 と菅野さん。 3月に続いてまたも。 奥さん、お嬢さんが歓迎してくれる。 嬉しいな。

『一旦ホテルにお送りします。 私、夕刻まで仕事をして18:00にお迎えにあがります。』

菅野さんは酒が好きで話好きで、礼儀正しい人。 奥さんは料理に腕をふるう淑女。 お嬢さんは、お父さんの酒の相手ができるチャーミングな女性。

いいな。 こういう家族って。 夕刻時に菅野邸を訪れた小生は、時を忘れて飲みました。

帰りは、この地区にはタクシーがないからと、奥さんの運転でホテルまで送ってくださいました。 菅野さんは助手席で居眠り。

なんと、この日、菅野さんは、片道30分かかる小国⇔ホテル間を4往復したのです。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10075

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)