本州チャリティ大ツアー <19> 姫路から笠岡へ

2018年11月09日

10月28日

このチャリティ大ツアー、拙宅を出たのが10月21日。 初っ端からつまづきました。 自宅から宿泊先のホテルへ送ったスーツケースが行方不明になったり、仙台では予約制の高速バスが満席でルート変更を余儀なくされました。

しかし、この日まで行く先々で沢山のご親切に心が温まりました。 いわきでも長野でも。

2泊3日滞在の宍粟市山崎町では美しい自然の風景に心が洗われる思いでした。

DSCN4006.JPG

DSCN3997.JPG天然のアユ料理も

DSCN4027,,.JPGもくず蟹の釜めしも堪能しました。

DSCN4010.JPG

DSCN3985.JPG姫路市安富町の 「教蓮寺」 の皆さまにもお世話になりました。

DSCN4032.JPG姫路のお寺で初めて鳴り響いた洋子さんのチェロ。 本堂でのコンサートでは、お坊さんたち、檀家さんが熱心に洋子さんのチェロの音色を聴いてくださいました。

DSCN4039.JPG終演は15:30。

去りがたい思いで 「教蓮寺」 を後にして姫路駅にむかいました。 お寺→姫路駅は車で約40分。

また来たい! 緑豊かなこの田舎町に!

DSCN4040.JPG翌29日のコンサートは岡山県笠岡市で。 笠岡北部は今年7月6日~7日にかけて西日本豪雨災害で大被害を受けた町。 被害の状況、復興状況はどうなのだろう。 震災からまだ4ヵ月。 でも忘れられていく。

コンサートは勿論 「西日本豪雨災害救援チャリティコサート」 です。

募金がたくさん集まるといいな。

新幹線が止まらない笠岡駅。 一旦広島県に入り福山駅まで行って在来線の山陽線で3駅戻ると笠岡です。

" その方が早くて楽ですよ。" 岡山にお住いの友人、竹内昌彦さんが教えてくださいました。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10017

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)