本州チャリティ大ツアー <16> 大好き 自然の風景が美しい田舎町

2018年11月06日

10月27日

長野から宍粟市山崎町に到着した翌日もコンサートはなく、身体のどこかに潜んでいる緊張した何かが自然に抜けていくようでした。

翌28日に姫路市の教蓮寺で行われるコンサートは、岡山市にお住いの友人、竹内昌彦さんが小生を推薦してくださり実現しました。 住職は、小生が宿の部屋で練習ができるように、オーナーに話をしておいてくださいました。 コンサートがない日は半日が休日で、半日が練習日です。

部屋の窓からはおしゃれなカフェが

DSCN4025.JPG練習は時間は決めずに、午前中、泊まり客がチェックアウトしたら始めればよいのです。

朝食は7:00 食後は、まだ部屋で休んでいる方がおられるでしょうからチェロを弾くには早すぎます。 川べりを散歩しました。 ここは浅瀬のようです。 こういう流れの中にアユや もくず蟹がいるのでしょうか。

DSCN3999.JPG演奏という仕事は楽しさもあるけれど、緊張もあり集中力も必要です。 美しい山々、川のせせらぎが疲れた神経を慰め、いたわってくれます。 小生はこのような自然の風景が美しい田舎町が大好きです。

練習後、昼食に通りへ出て、何かうまそうなものを食わせてくれる店を探しました。

DSCN4024.JPG

宍粟市波賀町は、ここ山崎町の隣町なのでしょうか。 笹に恵まれて多くの笹を使った料理があるそうです。 「山かけ笹うどん」 と称する緑色の蕎麦とうどんの中間のようなシロモノを食べることにしました。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10005

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)