本州チャリティ大ツアー <12> 長野から姫路へ

2018年11月02日

10月26日

長野ホクト文化会館中ホールで大震災復興支援チャリティ<428>が終わった翌朝、はっちゃんとサヨナラして一人で次の公演地、姫路へ向かいました。

ホテルから長野駅まではタクシー利用しましたが、楽なのは乗っている時だけ。 81歳のじいたんにとって、荷物の積み下ろしはタクシーの時でもしんどいです。 孤軍奮闘するしかありません。

長野→名古屋は 「篠ノ井線」 の特急電車で。 所要時間はちょうど3時間。 この電車も車内販売はないので、ホームの売店で弁当を買い、ユンケルローヤルも買いました。 

DSCN3971.JPG名古屋からは新幹線で姫路へ行き、姫路からは 「姫新線 (きしんせん)」 でコンサート会場のお寺、 「教蓮寺」 の近くのビジネスホテルへ行くつもりでした。

「姫路まで行かずに新大阪で下りて高速バス、津山行きに乗ってください。 津山行き以外はダメですよ。 急行でも特急でも津山行きなら大丈夫。 私、山崎インターでお待ちしていますから」

「教蓮寺」 の住職から連絡がありました。 

お坊さんは皆、頭を丸めているものだと思っていたのですが、浄土真宗の僧侶のように宗派によっては髪をのばしているお坊さんもいることを小生は最近になって知りました。

今年8月にお会いした三重県のお坊さんたちも、皆さん長髪で、僧侶の衣装を付けないと一般の人と変わりませんでした。

つづく。

✩ 11月2日

本日、 「本州チャリティ大ツアー」 最後の公演が福島県伊達市霊山町小国小学校で行われます。 子どもたちとは1年ぶりの再会です。 

1年生とは初対面。 低学年の子どもたちに童謡も弾こうかな。

✩ ほのぼの弁当

10月31日、岡山→東京間の新幹線の車中で 

岡山県吉備中央町にお住まいのファン、里香さんのお母さんが 「お昼は新幹線の中でしょ。」 と、お弁当を作ってくださいました。

嬉しくて ほのぼのとした気持ちになりました。

DSCN4171.JPG東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9992

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)