本州チャリティ大ツアー <11> 東日本大震災復興支援チャリティ<428>

2018年11月01日

人は誰でも他人を思いやる優しさを持っているもの。 東日本大震災復興支援チャリティ活動が全国に広がっていくのは人の心の優しさ故。 本当に嬉しいことです。 

遠い昔のことですが、日本フィルに在籍していた時は何度もコンサートで訪れた長野。

大震災復興支援チャリティ公演では今回、10月25日の公演が初訪問で、開催された会場は 「ホクト文化会館中ホール」 でした。

DSCN3929.JPG鳥居はゆきさんと久しぶりの共演が実現したのも嬉しいことでした。

PA250280.JPG主催してくださったのは 「NPO法人ポプラの会」

13:00からは、 「きょうされん 元福島支部理事」 の和田庄司さんが、原発事故後の福島の現状についてお話になり、小生は、30分休憩後の第2部、15:00~16:30に 「鳥の歌」 「月光の曲」 「ブエノスアイレスの四季から秋・冬」 などを弾きました。


DSCN3968.JPG会長の山本悦夫さん、窓口になり小生と何度もやりとりをしてくださった大堀尚美さんはじめ、 「ポプラの会」 のスタッフの皆さまは素晴らしい方ばかりでした。

CD・書籍の販売をお願いすると、CD30枚と書籍10冊を事前に買い取り、代金を振り込んでくださいました。

小生の周囲には優しくて温かな心を持った人ばかり。 決して楽ではない復興支援チャリティ活動。 疲れた時は温かな心のぬくもりで包んでくれ、また励ましても下さいます。

これからも頑張ろう・・という気持ちにさせてくださる皆さま方。 感謝の気持ちでいっぱいです。

つづく。

✩ 11月1日

今日は起床時から腰に痛みがありました。 昨日の長距離移動で長時間新幹線で座わりっぱなしだったのが原因でしょうか。

医師から処方される湿布薬には枚数に制限があり、小生の場合はそれでは不足です。 それを知った小生の活動を支えてくださる方々が届けてくださいます。

おかげさまで福島から米沢へ通う母子のための 「あおぞら館」 での超ミニコンサートを無事に終えることができました。 ありがとうございました。

DSCN4218.JPG

DSCN4237.JPG東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9990

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)