<北海道私立幼稚園PTA連合会研修大会 室蘭大会 ②>

2018年10月10日

10月5日に室蘭市市民会館で開催された 「私立幼稚園PTA連合会研修大会」 には、全道各地の私立幼稚園の園長さんもおられたのでしょうか、お母さんら、400名ぐらいがお集まりになりました。

大会主題は 『親子でさぐる " 感性スイッチ " 』 ~本物体験から得られるもの~ 

小生がお受けした記念講演の演題は 『子どもに響く音楽の世界』

全道のお母さん方からは、事前に五つの 「聞きたいこと」 が届いていました。 講演の冒頭、小生はご挨拶代わりにシューベルトのアヴェマリアを弾き、その後、順次ご質問にお答えしていきました。

講演会4.jpg<1> チェロを始めたきっかけ

高校は志望校に進学出来ず、進学したのは第3志望校でした。 授業がつまらなくて勉強しなくなり、試験では0点ばかり。 劣等感を持つようになり不登校少年になりました。

心配した父がチェロを勧めてくれたのがきっかけです。

講演会3.jpg<2> 札幌市に住まいを決めた理由

1960年~70年代頃だったと思います。 住んでいた東京の生活環境は劣悪な環境になっていきました。 隅田川の水は悪臭を放ち魚も住まなくなりました。

真夏になるとディーゼル車が排出する排気ガスと太陽熱で光化学スモッグなるものが発生し、目鼻、喉が痛み最悪でした。 人間が住むところではない、と言う人が少なくありませんでした。

コンサートホールへ車で向かえば道路は渋滞し、駐車場はなかなか見つからず、やっと見つければ料金が高くてビックリ! 混んだバスに乗ろうとしたら、運転手さんにチェロはダメ、と乗車拒否されたこともありました。

日本一の大都会は殺伐としていたのです。

故郷の東京が嫌になり、緑豊かで空気の澄んだ、人情味あふれる地方の都市で演奏活動がしたいと思うようになりました。

そんな時、札幌交響楽団から首席奏者として招聘を受けたのです。 「渡りに船」 とばかり札幌へ移住しました。

講演会1.jpgつづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9897

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)