<千歳高校定時制で講演 ① 疲れ?何のこれしき>

2018年10月05日

小馬谷生美 (こまやいくみ) さんは、千歳高校定時制の教諭です。 小生の東北被災地支援活動を応援してくださっているお一人です。

昨年、生徒たちのためにチェロを弾きながら話をしてほしいと言われましたが、学校のご都合と合わず今年になって実現しました。

IMG_3891.jpg9月26日、大震災復興支援チャリティ<422>の翌日、JRの千歳行の鈍行列車に乗りました。 鈍行なら車内は空いていると思ったのですが、判断が甘かったようです。 座席は空いていませんでした。

前夜の疲労が身体にのしかかってくるようでした。 片手に譜面台を持ち、その腕でチェロを抱くようにして支え、もう一方の手で吊り革を掴んで電車の揺れに耐えました。

" 何のこれしき! "

学校は半数が小中学生で不登校、貧困や虐待、軽度知的障害や発達障害など、生徒は様々な事情を持っています。

これから小生のチェロを聴き、話を聞いてくれる50名の若者は、昼間は働いて夜登校し、勉強している高校生。

そのような立派な若者たちが、小生ごときの話とチェロを楽しみにしていてくれる。 前夜の疲れなどどうでもいい。 彼らが興味を示し、彼らの将来のためにどんな話をしたらよいだろう。

数日前から頭の中をグルグル駆け巡っていたことを整理していると千歳駅に着きました。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9874

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)