<北海道私立幼稚園PTA連合会研修大会 室蘭大会 ④>

2018年10月12日

10月5日の午後、室蘭市市民会館で開催された                               「北海道私立幼稚園PTA連合会研修大会」での講演の続きです。

幼稚園児のお母さん方が小生に 「聞きたいこと」の4番目は

<4> 子どもの感性に出会った場面

DSCN3640.JPG質問がだんだん難しくなってきました。 感性とは何ぞや? 感受性と同義語? 何らかの刺激によって心が働くこと・・でしょうか。

以前、洞爺湖町の小学校で全校生徒30名ぐらいを対象にコンサートを行なった時のこと。

チェロの名曲として名高いサンサーンスの 「白鳥」 を弾きました。 

子どもたちに、まず、【 ピアノパートだけ 】を聴いてもらいました。

" いいかい、これはね、湖のさざ波を表しているんだよ。 ピアノのお姉さんにもう一回弾いてもらうからよく聴いてね。"  子どもたちは興味深そうに聴いてくれました。

4846,.jpg次に。 

" これから僕がチェロで弾くのは湖のさざ波に浮かぶ白鳥だよ。 はい、クイズ。 白鳥は何をしているんでしょう?" 

「白鳥」 を弾き終えると、静かに聴いていた子どもたちは、次々元気に手を挙げました。

『白鳥が空を飛んでいるところ』  『湖に首を突っ込んで何かを食べているところ』

『湖でスイスイ泳いでいるところ』  面白かったのは、 『恋をしているところ』

『ダンスをしているところ』

先月下旬、登別市内で 「親子で楽しむチェロの世界」 でチェロを弾きました。

「夕焼け小焼け」 を弾いて、夕焼けは何色? と幼稚園児に尋ねたら、だいだい色、赤のほか、ピンク、緑、青と答えた子どももいました。

夕焼けの色は緑や青ではないでしょう。 でもそれをその場で否定しないこと。 成長と共にわかっていくのだから。

幼い子どもは幼いなりに考えて発言してくれたのだから。 大勢の子どもの前で発言したことを褒めてあげよう。 

「白鳥」 を聴いて何かを想像し何かを感じる。 「夕焼け小焼け」 を聴いたら、夕焼けは何色か聞かれ、思い思いに感じたままを言う。  

チェロの音色が子どもの心に何らかの刺激を与えている。 いろんな感じ方がある。 感性とはそういうものなんだ。 一人ひとり顔が違うように、感じ方に違いがあってよいのだ。

ご質問の 「子どもの感性に出会った場面」 でした。

子ども達との共演.jpgつづく。 

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9905

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)