今月の支援 <5~6> 3・11甲状腺がん子ども基金と富良野保養キャンプへ

2018年09月29日

今月の支援 <5> は、「NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金」 に¥400,000を支援させて頂きました。

DSCN3610.JPG「3・11甲状腺がん子ども基金」 は、2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故以降に甲状腺がんを発症したお子さんと、そのご家族を支援するために設立されました。

DSCN3576.JPG給付対象者は、申請時25歳以下で、福島原発事故以降に甲状腺がんの手術をされた方、またはがんと診断された方。

給付額は一律10万円

アイソトープ (RI)治療の方は追加給付10万円

※ アイソトープ (RI) 治療とは、甲状腺がんが肺など遠く離れた部位に移転した場合に、放射性ヨウ素のカプセルを飲んで、がん細胞を破壊する治療法で、甲状腺全摘後、移転の予防のためにおこなうこともあります。

「受給者の声」  20代女性

" 今回は3・11甲状腺がん子ども基金のおかげで、治療費の負担が軽減されました。"

" 私はまだ学生なので、決まった時間のアルバイトしかできず、経済面での心配が一番大きかったのですが、このようなサポートのおかげで少し余裕がもてました。 本当にありがとうございました。"

※ 上記は 「NPO法人 3・11甲状腺がん子ども基金 2017年度活動報告」 から引用させて頂きました。

支援<6>につきましては、「富良野チャリティウォーク」 から 「2018富良野親子保養合宿報告書」 が届いていますので、明後日 (10月1日) のブログでご報告させていただきます。

DSCN3612.JPG✩ 9月25日に行われた大震災復興支援チャリティ<422>の募金額は¥356,864でした。

うち、¥178,432を東日本大震災支援の 「じいたん子ども基金」 にお預かりし、

振込じいたん,.jpg¥178,432を 「北海道胆振東部地震復興支援」 に、主催者の 「札幌市医師会夫人部 " 杏花会 " 」 から 「日本赤十字社」 へ送金して頂きました。

振込日赤,.jpg多くの皆さまのご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9859

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)