東日本大震災復興支援チャリティ<421> 初!美幌に響く洋子さんのチェロ

2018年09月25日

美幌峠の大パノラマ、屈斜路の砂湯、小清水高原の壮大な山景色を堪能して町に戻りました。 

DSCN3507.JPG演奏活動を続けている以上、欠かすことの出来ない連日の練習は、高齢になると決して楽ではありません。

コンサートとなれば小生の仕事は演奏とトークの二刀流。 演奏家と講師の仕事を一人で同時にやっているようなもの。 神経が磨り減るような毎日です。 

そんな時、教育委員会の露口さんと中村さんのご親切を受けながらの観光は、疲れ気味だった心身の洗濯になりました。

大感謝です。

3人で街中の蕎麦屋に寄って 「天ざる」 を食べ、 「びほろエコハウス」 に戻り少し休みました。


DSCN3493.JPG「洋子さんのチェロ」 は、この夜のコンサートで美幌の町に初登場します。 「町民会館オープン記念事業」 のこけら落とし公演ですから、天国の洋子さんは、いつものコンサート以上に喜んでくださるでしょう。

開演になり、コンサート担当の小池さんに促されてステージに出てみると、会場内は満席でした。 この時も岩手県大船渡市の海に近いご自宅で、大津波に襲われて帰らぬ人となった洋子さんのことが頭をかすめました。

DSCN3535.JPGこんなにたくさんの人がこのチェロを聴いてくださる・・ 彼女は天国できっと喜んでいる・・

【あなたを忘れない!】

コンサートの冒頭、小生は、 洋子さんと、大震災で犠牲になられたすべての人たちのご冥福を祈る気持ちで 、「鳥の歌」、 シューベルトとカッチーニの 「アヴェマリア」 、祈りの音楽3曲を心を込めて弾きました。

DSCN3537.JPGつづく。

✩ 9月14日にエヌピーオーホウジン ポプラノカイさんから¥10,000

アベ カツコさんから¥3,000を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。

皆さまのご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9842

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)