<福島の子どもたちのさよならパーティ>

2018年08月09日

北広島市の 「黒い森美術館」 で二本立てチャリティコンサートが行われた翌日の午後、札幌駅に近い 「北海道クリスチャンセンター」 で、今夏の保養キャンプに参加し、札幌に滞在中の福島の親子と、一般の方も対象としたコンサートが行われました。


DSCN3044.JPG

コンサートは、15:30から小林美由紀さんのトリオの演奏で始まり、小生は、1時間後の16:30から1時間弾きました。

「福島の子どもたちを守る会 北海道」 が主催して行なった今夏の保養キャンプはこの日が最終日。 終演後のさよならパーティでは出席している方々からお話を伺いました。 

札幌市南区のキャンプ場の周りには、最近、熊がよく出てくるので熊除けの電気柵を作り、最後の日まで電気を通していたそうです。

参加した10家族の内、8家族は何らかの疾患を持っているとのこと。   「守る会 北海道」 理事長 山口たかさんがそっと教えて下さいました。 被爆の影響なのでしょうか。

山口たかさんのご挨拶 

DSCN3058.JPGいっときは、保養キャンプを主催する団体が、全国に200ぐらいあると聞いていましたが、現在はその数が激減しているそうです。 寄付金が集まらない。 冷めてきている。 キャンプ参加希望者が増えている反面、キャンプが激減している現実は悲しいことです。

終演後のさよならパーティ

DSCN3057.JPG

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9665

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)