旭川新人オーディション 9 <管楽器部門>

2018年08月03日

ソロ部門23名とアンサンブル部門1組の審査。 例年よりやや少ない応募者数とはいえ、4時半に目覚め、電車に揺られて1時間半。 若くはない身体にはこたえます。

さぁ、もうひと頑張りです。

管楽器部門は出場者8名でしたが、審査を忘れてしまいそうなぐらい楽しめる演奏を聴かせてくれた若者も登場しました。

この部門でトップに登場したのはフルートの曲澤来実(まがりさわくるみ)さん、21歳。

彼女は、タファネルの 「ミニヨンの主題による グランドファンタジー」 を演奏しました。 トーマのオペラ、 「ミニヨン」 から、ミニヨンが歌う有名なアリア、 「君よ知るや、南の国」を主題にファンタジーが広がる音楽です。

たっぷりと歌い、音程も安定していましたが、細かい動きで音域が低くなるバリエーションでは聞き取りにくい部分がありました。 しかし、これはホールの残響時間が長いのが原因と思われるので気にしなくてもよさそうです。

ポンキェッリの 「カプリッチョ」 を吹いたオーボエの櫻田真梨さんも素敵でした。 豊かな音量で音程もよく、歌う部分もきれいに歌いオーボエにとっては難しそうな早いパッセージも鮮明に聞こえていました。

トロンボーンの吉川瑞貴さん演奏も印象的でした。 音楽の流れが自然で、まるで木管楽器のような力みのない柔らかな音色。 

小生が1969年~70年にかけて、ボストン交響楽団で一緒に演奏したプリンスパル トロンボーン奏者を思い起こさせる演奏でした。  

近い将来、国内・国外を問わず、一流のプロオーケストラ奏者を目指したらいかがでしょうか。

つづく。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9647

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)