旭川新人オーディション 6 <NYのリンカーンセンターで演奏した大物新人>

2018年07月30日

ピアノ部門9番目に登場したのは、近野 剛さん、27歳。 彼が弾いたのは、スクリャービンの幻想曲 ロ短調とジョージ・ロクヴァーグのカーニバル ミュージックより第5番 トッカータ・ラグでした。

「ただ者ではないな」 ・・ この新人の演奏を聴き、そう思いました。

フロリダ州の音楽大学に3年間留学。

第6回メトロポリタン国際ピアノコンクール IN ニューヨーク優勝。 

2017年第1回アメリカ・メンフィス国際ピアノフェスティバル ピアノコンクール大学生の部第1位。 

2018年2月にニューヨークのリンカーンセンターで優勝ガラコンサートを行う。

上記は彼の経歴の1部です。 やはりこの男、ただ者ではありません。

お住まいは現在札幌だそう。 彼は今後どういう活動を目指しているのでしょう。 北海道は広いと言っても活動の場は狭すぎ、演奏の機会がたくさんあるわけではありません。

「旭川市新人音楽会オーディション」 の目的は 「優秀な新人の発掘と育成」 ですが、発掘はできても育成するところまでは実行委員会も審査委員もできませんから、本人が自らを育成し、自ら活動の場を広げていかなければなりません。

毎年春には全国の音楽大学から優秀な新人が世に出てきますし、4年に1度は世界的な国際コンクールが各国で行われ、優勝者が世に出てきます。

夢はあっても、演奏家として音楽の世界に生き残っていくことは本当に大変なことなのです。

つづく。

● 明日、31日は 「じいたん子ども基金 収支報告 7月分」 の日なので、 「旭川市新人音楽会公開オーディション」 は、明後日、8月1日にお伝え致します。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9633

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)