東日本大震災復興支援チャリティ <415> ピアノ伴奏は中学生

2018年07月12日

中標津の美術館で<414>が終わって菊池さんご夫妻と標津町へ戻り、小生は菊地さんのお宅で次のコンサートのリハーサルまで、1時間ぐらい休ませて頂くことにしました。 

演奏では緊張し、演奏の合間で話す東北被災地の話題は何にするかを考え、集中力が必要な日が続くせいか、血液の大部分が頭に集まってしまったような、頭が重くて不快な気分でした。 きっと血圧が上がっているのでしょう。

菊池夫人が横になって休むようにと、布団を敷いてくださいましたが、横になる気分でもなく、こういう時はビールを威勢よくグイッと一気に胃袋へ流し込むのが1番です。

バドバイザーを1缶あけてもう1缶。 陽が沈む前のビールは止めていたのですが、この身体の状態を突き破るにはこれしかありません。

このあと、19:00からの <415>は、標津町の 「生涯学習センター・あすぱる」 で行われましたが、ピアノ伴奏をしてくれたのは、別海町中春別中学校3年生の窪田初音さんでした。

初音さんとはこの日が3回目の共演です。

別海町中春別中学校開校70周年記念  この地区の3校が統合50周年  校舎改築記念

同窓会主催 「土田英順チェロコンサート」 2017年4月25日

中春別中学校体育館  ピアノ 窪田初音さん

IMG_0280,,.JPG会場の 「あすぱる」 が使えるのは16:00から。 " 僕は17:00に行くから、それまで一人で練習してピアノに慣れておきなさい。 "

彼女はお母さんと16:00に会場に来て練習しているはずです。

大震災チャリティ<362> 中春別中学校で 2017年7月2日

8648,.JPGつづく。

✩ ミドリカワ ケイコさんから、7月5日に、¥50,000を・・ 

6月23日に上川郡東川町の 「北の住まい設計社」 で行われたチャリティ<410>の募金を、グットニュースカフェさんから7月10日に、¥41,500、11日に、¥3,758を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。

皆々様のご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9570

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)