東日本大震災復興支援チャリティ <413> 北見から網走へ

2018年07月08日

昨日の朝 (7日)、北見から網走へ移動し、 「網走エコーセンター2000 アトリウムロビー」 で11:30から大震災復興支援チャリティ<413>を行ないました。

DSCN2811.JPG北見から網走までは車で小1時間。 10時前に会場到着し、ここで車で送ってくださった前泉さんとお別れしました。

このコンサートは、主催者が出演者を募集して月1回開催されていますが、申し込みが多い時は月に2回開催することもあるそうです。

大震災復興支援チャリティコンサートは、基本的に年12回あるコンサートのうち1回を、震災の翌年の2012年から開催してくださっています。 昨日のコンサートで7回目の出演になりました。

本番では 「ラフマニノフのヴォカリーズ」 、 「ヴィラロボスの黒鳥の歌」 、 「シューマンのトロイメライ」 、 「サンサーンスの白鳥」 などポピュラーな音楽を、アンコールでは 「初恋」 を弾き、響きのよいアトリウムロビーに洋子さんのチェロの音は響き渡りました。

第1回目のアトリウムロビーでのチャリティコンサート 2012年8月26日

029,.JPGコンサート会場には、標津町にお住いの友人、菊池さんご夫妻がお見えになっていました。 札幌からは遠い根室管内標津町から札幌のコンサートにもきてくださる菊池さんご夫妻。

終演後は3人で次のコンサートのため標津町へ向かいました。

ご来場くださった方、約50名。 募金、¥22,893を 「じいたん子ども基金」 に。 網走市 篠原さんから活動費として¥5,000をお預かりしました。

篠原さんは2012年と13年の時のコンサート担当者。 担当が他の職員に変わったあとも毎回活動費支援をしてくださり、ご都合がよろしい時は客席にお姿を見せてくださいます。

小生が練習中は部屋に入らず、ドアの外にそっとペットボトルの水を置いてくださる配慮が行き届いた優しい心を持った人です。

篠原さんと鳥居はゆきさん  網走市内の居酒屋で 2012年8月

004,.JPG皆さまのご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9558

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)