<楽しみな南幌キャンプ訪問>

2018年07月04日

全国各地で行われている福島の子どもたちのための保養キャンプ。 200ヵ所ぐらいある保養キャンプの中で、通年保養所ではなく、年に1度、夏休みを利用して行なっているキャンプ場はそろそろ出番です。

その一つは我が家から車で小1時間、保護者なしで子どもだけが参加する空知郡南幌キャンプです。 

DSCN0163,.JPG昨年まで参加者は20名だったのが今年は応募が多く、28名を受け入れるそうです。

応募が増えるということは、保養を受け入れる団体が減ってきているのではないか~と言う声もチラホラ聞こえてきます。 受け入れる側にとって先ずは先立つもの~お金です。 

南幌キャンプには先月10日に当別町で行われたチャリティ<406>の募金、¥41,613を昨日、振り込みました。

DSCN2542,.JPG今年は8月1日から8日までのこのキャンプ。 小生は6日にチェロを弾きに行き、お寺の住職夫人たちが作ったカレーライスを、子どもたちと一緒にご馳走になります。

会長で歌を歌う箏奏者、大西直子さんは、ギターを弾く相棒の渋谷さんと~ 

時にはケニヤから来日して札幌にお住いのパーカッション奏者、ジェラルドさんも加わった 「なおこBAND」 で、南幌キャンプを訪れる福島の子どもたちのためにチャリティコンサートを行なってお金を集めています。

8045,.jpg今年は6月と7月だけで10回も行なったそうです。

8047,.jpg子どもたちに寄り添うボランティアは、南幌町にお住まいの方だけではありません。 札幌や他の町からも集まってくださるそうです。

この人たちが福島の子どもたちの健康を願うお気持ちが、子どもたちに伝わらないはずがありません。 

ボランティア スタッフの人たち、駆けつけた南幌中学校の吹奏楽部の生徒たちにお礼の歌を歌う福島の子どもたち。

DSCN0193,.JPG

子どもたちに会える8月6日が待ち遠しいです。

昨年の保養キャンプで

DSCN0198.JPG東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9544

コメント

英順様
目が薄くなっている高齢者には、ピンクの文字は読みづらいです。私のパソコンのせいかもしれませんが・・・。
黒がいいです。よろしくお願いします。

すみません。
好評だったのですね。私だけかなー。
緑、青は大丈夫です。
ピンクはもう少し紫っぽくなったら大丈夫かなーなんて、ワガママですね。
お騒がせしました。

ピンクの文字の事はちょっと読みにくいなと感じていましたが国田さんの投稿で私だけではないとほっとしました。今日の文字色なら読みやすくなりました。
演奏や演奏旅行に神経をつかっておられるのにブログにまで色々と工夫されているのに本当に頭がさがります。 どうぞお身体には気を付けて。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)