<三重のお坊さんたちからお誘い>

2018年06月28日

「福島の子どもたちを三重へ プロジェクト実行委員会」 は、三重県のお坊さんたちの集まりです。   支援をさせて頂くたびに、会計担当の鈴木勘吾さんは必ずお手紙をくださり、1度もお会いしたことがないのに昔からの友人のように思うようになりました。

DSCN0685,.JPG先日頂いたお手紙の1部です。

<・・・ 委員長から " 土田さんに子どもたちに会ってほしい " と言われた時、今年の冬、四日市のお寺でコンサートを行なった事を後で知った私は、夏の三重にもう一度お呼びしたいと思い、プロジェクトの委員会で提案しました。>

< " 旅の途中のおじさんが子どもたちに会いに来てくれたよ。  大きなチェロとボストンバッグを抱えて。  お酒はそこにあるものでほどほどに。  お母さんたちとも顔を合わせてお話を。  委員(スタッフ)との歓談も・・・ " >

DSCN2664.JPG<今から楽しみにしています。  が、お身体の調子をみながら無理せずに。  三重の桑名でお待ちしています。>

DSCN1089.JPG<ご支援いただいた上に、会いに来てなんて厚かましいですが。  福島の子どもたち(大人も)に対して、 " こんなおじさんがいますよ。 " ・・・ と伝えたいので。  是非ともお願いいたします。 >

・・・ <食事係の平均75歳以上のご婦人方(別院婦人会の皆様)もお待ちしています。>

その数日後、委員長の大橋宏雄さんから電話がありました。  福島の親子の滞在に合わせるために、日時の打ち合わせ、福島の親子の滞在場所である桑名別院への交通ルート、中部国際空港 (セントレア空港) →名古屋→桑名、桑名別院に近いホテルなど教えて頂きました。

「鈴木さん、行きますよ。 8月17日に。 18 日も泊まります。 あの・・・ 酒は少しでいいですから。 ホントに。 頼みますよ。」

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順                         北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9494

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)