<大船渡の高齢者施設2ヵ所で>

2018年05月27日

5月23日、陸前高田キャピタルホテルで行われた 「ソロプチミスト大船渡」 の総会後にチェロを弾いた後、大船渡に戻り、一関厳美中学校音楽教諭、菊池 寛さんと高齢者施設2ヵ所を訪れて、入居者の皆さんを励ますコンサートを行いました。

2ヵ所共、「ソロプチミスト 大船渡会長」 の佐藤 叶さんからの依頼でした。   最初に訪れたのは、養護盲老人ホーム、「祥風苑」 で、視覚障害のある高齢者が楽しんでくださいました。

DSCN2216.JPG次に訪れた施設は、 「地域密着型介護老人福祉施設 蔵ハウス大船渡」 「グループホーム まちぐるみ」 でした。

DSCN2218.JPG健康そうで明るいお年寄りが多く、アンコールの 「ふるさと」 では、ハーモニカを吹くおばあちゃん、指揮するおばあちゃん、皆で大きな声で歌い底抜けに明るく楽しいコンサートでした。

終演後には、舩渡洋子さんの被災したチェロを見つけた簡 善三郎さんの奥様の訪問を受け、大感激でした。

前日、一関から大船渡に入ったばかり。  いきなり1日3公演。  これで疲れなきゃ化けものだ。  夕食は前日同様、ホテル前のスーパーで寿司を買い、音声なしのプロ野球ナイター中継を観戦しながら白ワインでくつろぎました。   旅行中の心身の疲労回復にはこれが一番よいようです。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

   

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9415

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)