<Tokyo Kanagawa Series 8 感激、生涯忘れ得ぬ思い出>

2018年05月23日

Series 8 は、2日前の5月21日に、茅ヶ崎市の 「平和教会」 で、11:00~から行われました。  

001茅ヶ崎平和教会.jpg

冒頭、牧師さんご夫妻のご挨拶

006教会主催者挨拶.jpgこの教会にはピアノがないので、オルガニストの末次かおりさんにご登場頂き、チェロとオルガンの響きをお楽しみ頂きました。   この Seriies では末次さんに、オルガンとピアノの二刀流でご協力を頂きました。   かおりさん、ありがとう。

004待機中.jpgホテル出発、8:30~。  さっちゃんが迎えに来てくださいました。  ブログの更新もあり、目覚まし時計は5:00~に設定。   前夜、打ち上げパーティから帰ったあと、不要になったものをスーツケースひとつにまとめて自宅へ送ったりしたので、就寝が遅くなり眠い目をこすっての起床となりました。

8回の Series では感激また感激。  さっちゃんはじめ、「聴く会」 の皆さまのご親切には感動・感激の連続で、生涯忘れ得ぬ思い出になりました。

物販ではCD、自著 「チェロ弾き英順 音楽の人生 (旅)」 、T シャツ が8公演で完売しました。  

物販準備万端。

022物販・準備万端.jpg

物販好調販売中。

023物販・好調販売中!.jpg

完売!

024物販・完売!.jpg

Series 8 のスタッフの皆さまとお別れ。  ありがとう、皆さん!

026全員集合(2).jpgご親切の〆は、「ソニー音楽財団 理事長」 の加藤 優さん。  終演後、一関へ移動する小生を、チェロを持って辻堂駅から東海道本線に乗り、東京駅で見送ってくださいました。   

辻堂駅でさっちゃんと。  このあと加藤さんと東海道本線で東京駅へむかいました。

027仕掛人二人・また逢う日まで.jpg加藤さんはチェロを東北新幹線、やまびこ57号、盛岡行きの小生の座席まで運んでくださいました。   一関へ出発。

028東京駅車窓にて.jpg加藤さん曰く・・ <テレビや映画で東京駅で見送るシーンを見て、一度東京駅で見送って見たかった。> ・・・ チョッピリおとぼけ感のある加藤さん・・ それが加藤さんの魅力でもあります。

「土田英順さんを聴く会」 の皆さん!  何とお礼を申し上げたらよいのかわかりません。  最大級のありがとうを百万回言っても足りない思いです。   ありがとう! ありがとう! ありがとう!

お陰様で、一関へ無事に着き、昨日、ピアノと練習し、練習後、電車とバスで気仙沼を経由して大船渡に移動しました。  今日はこれから陸前高田キャピタルホテルと、大船渡市内の老人ホーム2ヵ所でチェロを弾きます。

●●● Series 8 のご来場者数、62名。  チケット収入、¥67,000~と、募金、¥37,660~の合計、¥104,660~は、主催者が 「じいたん子ども基金」 にご寄付くださるそうです。   また、主催者、「土田英順さんを聴く会」 は、新百合ヶ丘のホテル、8泊分をご負担してくださいました。   厚く御礼申し上げます。  ありがとうございました。

Tokyo Kanagawa Series  おわり。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

  

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9399

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)