<長旅のオープニングは古川中学校で>

2018年05月12日

2日前から滞在している宮城県大崎市古川。   ここにお住まいの方々からお話を伺うと、大崎市とお隣の栗原市は、東日本大震災発生時、東北3県の中でも最も地震の被害が大きかった地区で、倒壊したマンション、家屋、水道、電気、通信施設、破壊された道路、地盤沈下で浮き上がったマンホール、など壊滅的な被害を被り、1週間ほどは町がマヒ状態になったそうです。

内陸に位置するため津波の被害ありませんでしたが、地震による大きな被害は全国的に報道することが少なかったせいか、あまり知られていないように思います。

現在、古川には復興住宅が6ヵ所にあり、1ヵ所に約500世帯が住んでおられるそう。  計、3,000世帯。  1万人以上になるのでしょうか。

古川はデモクラシーを民本主義 (民主主義) と訳し、大正のデモクラシーの旗手と呼ばれる吉野作造の生誕地。  

DSCN1982.JPG

さて、この日、11日には10:50から11:50まで古川中学校体育館で、620名の全校生徒を対象にしたコンサートがおこなわれ、吉野作造記念館 理事・事務長の、佐々木 威さんが8:30にホテルに迎えに来てくださいました。  

DSCN1933,.JPG当初、吹奏楽部の生徒たちと共演する予定でしたが、多忙で編曲が間に合わず断念せざるを得ませんでした。  コンサートでは冒頭、県議会議長の中島源陽さんの挨拶があり、

DSCN1926.JPGそのあと吹奏楽部の生徒が1曲オープニングの演奏を聴かせてくれました。

DSCN1913.JPG

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9366

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)