<ピアソラが弾けるぞ!>

2018年05月03日

今年の1月11日、 「応援する会」 の主催で、大震災復興支援チャリティ(383) が、札幌のルーテルホールで行われました。  このコンサートで鳥居はゆきさんと共演して以来、ずっとピアノ伴奏なしでコンサートを行なってきましたが、4ヵ月ぶりに伴奏付でチェロが弾ける日が近づいてきました。

共演してくださるピアニストは北矢由美さん。  オルガニストの末次かおりさんとの共演も。  いずれも愛弟子、細川幸子さんのご尽力で実現しました。

ピアニストがいれば大好きなピアソラの曲を弾くことができるので、「ブエノスアイレスの四季全曲」 、「オブリビオン」 、「リベルタンゴ」 をプログラムに入れました。

4711.jpg上記のピアソラ3曲のオリジナルの楽器編成は知りませんが、ピアソラが弾いていたアルゼンチンタンゴの花形楽器バンドネオンと、数名のタンゴバンド奏者のために作曲されたのではないかと、小生は想像しています。

ピアソラの曲をソロで弾きたくて、チェロソロ用に編曲した楽譜を探しましたが見つけられませんでした。  出版されていないのかもしれません。  

見つけた 「ブエノスアイレスの四季」 全曲の楽譜は、 「TONOS社」 から出版されたピアノトリオ用に編曲したもので、四季それぞれの価格は同じではなく、全曲合計すると3万数千円もする高価な楽譜でした。

曲名の下にアレンジャーの名が記されていますが、アルゼンチンの編曲者のようです。

4714.jpgこのピアノトリオ版を小生は自分でチェロソロ用に作り直して使っています。  「オブリビオン」 も 「リベルタンゴ」 も然り、「英順バージョン」です。

2002年2月27日と28日の両日、小生は東京都三鷹市の 「三鷹市芸術センター " 風のホール " 」 で、 「英順バージョンのブエノスアイレスの夏」 など18曲を録音し、 CD 「私の想い Think of me」 が完成すると、そのCDは全国発売になりました。

4934,.jpg発売数日後、このCD制作のマネージメントをした東京の音楽事務所、「 (株) コンセールプルミエ」 の石川さんから電話がありました。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9332

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)