<春・竹の子と花木>

2018年04月29日

先日、大阪観福寺の住職、花岡祐宣さんから竹の子が送られてきました。   これは大阪の春ですが、お寺の裏山の竹藪で採れたものを送ってくださったのです。

DSCN1787.JPG

おいしい竹の子は、竹藪の竹が密集していたのではできないそうです。  竹が適当な間隔を保っている竹藪で上質な竹の子が採れるそう。

刺身にして醬油をちょろっとつけた採れたての竹の子は、白ワイン、日本酒に合うし、揚げ物にすればビールによろしいようで。  味噌汁、吸い物、煮物の盛り合わせに入れても大変結構ですし、竹の子ご飯も小生は好きです。

この先は本州以南の皆さま宛てのブログです。   札幌管区気象台は26日、札幌市内の桜の開花を宣言しました。   平年より7日早いそうです。   札幌の春は・・・   我が家の花木はまだまだツボミです。   チューリップは・・・

DSCN1833.JPG

紫陽花・・・

DSCN1835.JPG

紅葉・・・

DSCN1837.JPG

シャクナゲ・・・

DSCN1836.JPG

春とは言え、札幌の春はご覧の通りです。   小生は庭の手入れは一切何もしません。   植木屋さんの小長谷 豊さんが何から何まで面倒を見てくださいます。   

昨年は上質の土を運んできて、庭の片隅に一坪ぐらいのミニ畑を作ってくださいました。   去年植えたネギが顔を出しました。   今年は何の苗を植えてくれるのかな。

DSCN1834.JPG小長谷さんご夫妻は 「じいたん子ども基金」 の応援団です。   庭の世話のみならず基金や活動費のご寄付まで。   奥さんはアップルパイを焼いて持ってきてくださった事もありました。   じいたんは幸せ者です。

※  皆さまのお志、 「じいたん子ども基金」 から福島県伊達市小国地区へお贈りした水仙の球根は、2歳になりました。       小国の友人、菅野昌信さんのお宅の花壇です。   2歳になった水仙のご紹介はこれでおわり。        

IMG_0436.JPG● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9324

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)