<相馬野馬追>

2018年04月13日

福島市内から友人、菅野さんの車で小国地区へ行き集落を見て回ったあと、沿岸部、浜通りの各市町まで足をのばした日帰り小旅行。   最後に訪れたのは福島県と宮城県との県境、相馬市でした。    

DSCN1650.JPGここは、千年以上も前から続いている 「相馬野馬追 (そうまのまおい)」 という歴史的なお祭りで有名な町です。

千年有余前、平将門が下総国 (千葉県北西部) に野馬を放ち、敵兵に見立てて軍事訓練を行なったのが始まりだそうです。   年に一度のお祭りは7月に。  打ち上げ花火のように上空に向かって放たれた神旗を、騎馬武者となった町の人たちが競って奪い合う神旗争奪戦です。   町の人たちの多くは馬を一頭飼っていて、祭りには自分の馬に乗って参加するそう。

DSCN1644.JPG

この町内には城ありお堀ありですが、真っ直ぐな道がなく、右に折れたり左に折れたりしています。   昔のことですが、敵が攻めて来た時、曲がり角でじっとして待ち伏せし、一気に敵に襲いかかるためで、祭りでは その道を町民の騎馬武者たちが行進するそうです。   菅野さんは、この1日、たくさんの事を教えてくださいました。

相馬の街中のほか、港付近にも行きました。   ここでは大きなヒラメが釣れるので釣り人が集まります。   菅野さんの知人は、マレーシアに住む知人がイベントを企画しているというので、検査済みで汚染していないヒラメを100kg 送ったところ、廃棄されてしまったとがっかりしたそうです。   風評被害ですね。 

DSCN1647.JPG相馬からは新しく開通した高速道路に入り、小国で下りて菅野さんのお宅へ寄り、ご家族3人と素晴らしいひとときを過ごしました。

" 何もありませんが・・・ " と菅野夫人。   とんでもない!   ご覧の通りの大ご馳走。   しかも小生が好きな料理ばかり。    ついつい酒がすすみます。  

DSCN1651.JPG


DSCN1652.JPG有意義で幸せな1日でした。   

 つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9268

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)