<胸が痛む小さな集落に大量のフレコンバッグ>

2018年04月09日

日本経済新聞 2013年8月4日 (日) 掲載。   「その集落の南側の世帯は今も上水道が引かれていない。  飲み水は井戸か沢の清流だ。  未整備というよりも必要がなかった。   古里の水は甘く、清らかだったから。」

しかし、原発事故後、井戸水から基準値以上のセシウムが検出され使えなくなった・・・ ということは、2016年4月に初めて小国を訪れた時、上小国にお住いの菅野さんから聞きました。

では沢の清流は今どうなっているのだろう。   水道の本管は、今年度になってようやくこの小国地区に敷かれたそうですが、集落の世帯、隅々まで上水道がいきわたるには、民家はまばらだし、地形的にも難しいのではないか・・・と思ったからです。

" 菅野さん、飲み水にも使っていた沢の清流は今も使われているのですか? "   <沢にご案内しましょう。>   菅野さんの車に乗り小国地区交流館をあとにしました。

途中、あちこちにフレコンバッグの仮置き場がありました。      

DSCN1630.JPG小さな集落に大量のフレコンバッグ。

DSCN1620.JPGこのような環境で毎日生活するのは、さぞ気が滅入るだろう・・・ お気の毒でなりませんでした。   フレコンバッグの中の放射能汚染物の線量が、半分の線量になるまでには30年かかるそうですから。   長期の間には袋が傷んで破れることもあるだろう。  大量の汚染物がむき出しになり、放射能が再びばらまかれたらどうするのだろう。   

DSCN1632.JPGさて、沢の清流は・・・  沢へ向かう菅野さんの車の中で、小生は頭の中でイメージしていました。  山沿いにきれいな水が流れる4~5m幅の小川。  ひょっとしたら清流に生息しているヤマメやアユなどが、水中に舞う姿が見られるかも知れない。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9251

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)