<赤いバツ印は空間放射線量測定場所の目印>

2018年04月07日

81年も人間をやっていて、バスが走る道路に赤いバツ印が書いてあるなんて、見たこともありません。   友人、菅野さんが教えてくださいました。   赤いバツ印のところは空間放射線量を測定する場所の目印です。  印から1mの高さのところに線量計を置き、測定を行うそうです。   線量掲示板は何と 「じいたん子ども基金」 が贈った水仙の花壇の端に図々しく突っ立っています。   

DSCN1595.JPG

ここはバス停の真ん前です。   掲示板をご覧ください。  小生がここを訪れたのは3月21日。  線量測定は前日の午後2時、小生が福島市音楽堂小ホールで130名の聴衆に一所懸命チェロを弾いていた時に行われています。   この数値なら問題ないようです。

DSCN1593.JPG

赤いバツ印や線量掲示板の脇で、水仙が可哀想。   でも、水仙はたくましくて手入れなしでもどんどん増えていく花。  5~6年したら、小国全体でみごとに咲き誇るのでしょう。

DSCN1597.JPG

コーヒータイムで菅野さんのお宅に立ち寄りました。   流石、一級建築士が建てた素敵な平屋建ての家。   原発事故前は、裏山に家があったそうです。

DSCN1599.JPG

原発事故前に菅野さんが住んでいた家は、山の麓にある赤い屋根の家。   

DSCN1600.JPG山林は除染が出来ないそう。   住めなくなってバス通りに面した所へ移転したのかも知れません。

DSCN1601.JPG

新菅野邸の窓から見た小国の風景。   のどかで自然が豊かな集落です。   民家はまばらで隣の家まで1kmぐらいはあるでしょうか。

DSCN1602.JPG" 小国をもう少しご案内してから、原発の近くまで行ってみましょう。    夕飯までに帰れます。  うまい酒があるので一杯やりましょう。   ゆっくりしていってください。 "

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9244

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)