<水仙の球根2千個は・・・>

2018年04月06日

一昨年の秋、(2016年) 小国の集落にお住いの方たちのご要望で、皆さまのお金、 「じいたん子ども基金」 から水仙の球根、2千個を贈りました。   

東日本大震災、原発事故、放射能汚染、行政による 「特定避難勧奨地点」 がこの地区に指定されて起きた住民の分断、次々に襲いかかる苦難に、絆を深めながらきれいな小国を取り戻そうと立ち向かっている人たち。

この実情を次世代にも次々世代にも伝え、末永く記憶に残すために、小国の集落全体を 「水仙の園」 にしたいと言うのが 「放射能からきれいな小国を取り戻す会」 の皆さんのお気持ちでした。

水仙は、昨年春に初めて芽を出し花を咲かせました。 2017年4月。

IMGP0766.JPG

民家の前の花壇にもチューリップと仲良く。   ここにも伊達市空間放射線量の掲示板が。

P4270019.JPG

さて今春は?  3月21日、水仙の開花を楽しみにして小国へ行きましたが、開花には少し早かったようです。   日当たりの良い所でも3分~5分咲きぐらいでしょうか。

DSCN1588.JPG

道路脇に 「花の会」 の看板が。   

DSCN1603.JPG

看板の脇に長細い花畑があり、水仙も頑張っていました。  この日は、雪が降る寒い日でしたから水仙の成長はひと休みでしょうか。   水仙頑張れ!   住民の皆さんが、 「じいたん子ども基金」 からの贈り物を大切に可愛がっていることがわかり、嬉しかったです。

DSCN1604.JPG

ん?  なにこれ?  道路に赤いバツ印が。  落書きではなさそうです。  路線バスが通る道。  一体何でしょう?   明日のブログで。  

DSCN1594.JPGつづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9236

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)