<遠い道のり>

2018年04月02日

3月19日の朝、岡山滞在4日間の心温まる思い出を胸いっぱいに、東京乗り換えの新幹線で福島へ向かいました。

DSCN1558.JPG&   

DSCN1555.JPG

乗車した 「ひかり466」 は、16両編成で自由席が5車両あるので、チケットは1席分だけ購入しましたが、チェロを置いた隣の席は東京まで空いていて正解でした。

DSCN1559.JPG岡山駅で発車前の新幹線車内で偶然一緒になった竹内さんは、姫路駅で下車しました。   姫路で講演会があるのだそうです。

下車する時、車掌さんがきて、 " お手伝いしましょう。 "  と、手を差し伸べましたが、 " いや、大丈夫です。 " とおっしゃり、誰の手も借りずに一人で降りていきました。  とても目に障がいがある人には思えませんでした。

岡山から新大阪までは山陽新幹線。   

DSCN1553.JPG新大阪から東京までは東海道新幹線。   社名が変わっても東京までは車内にいたままで行くことができます。  東京からは東北新幹線に乗り換え福島へ。

福島に到着。  定宿の 「東横イン福島西口」 にチェックインするとホッとします。  この日は自由の身。  約束もなく、時間を気にせずにくつろげます。  この旅に出てから初めてのことでした。

夕食には駅構内にある回転寿司へ行きました。  この店には、180㎖ のカリフォルニアワインがあるので、生ビールジョッキー2杯と、ワイン2本が小生には適量なのでありがたいです。  刺身、寿司に白ワインはよく合います。

マナーモードに設定していた携帯電話がブルブル震えました。  この日、姫路駅でお別れしたばかりの竹内さんからでした。   竹内さんは小生の身体を心配して電話を下さったのです。   移動、練習、コンサート。  連日の宴会。

お互いに高齢の身。  身体のことが分かり合えます。   " ずいぶん賑やかなところにいますね。 "   『アハハ、駅構内の回転寿司で一杯やっているんですよ。』   " それはよかった。  元気そうでよかった。 "

逞しい精神力、強靭な意思、人を思いやる心を持った竹内さん。  このような素晴らしい方と出会うことができたのは、 「ソロプチミスト日本財団」 の皆さまのおかげです。   ソロプチミストの皆さま、改めて感謝申し上げます。  ありがとうございました。

つづく。

●●● 昨日、(4月1日)「福島の子どもたちを守る会 北海道」 主催のイベントが札幌駅前地下歩行空間で行われ、催しの最後にチェロを弾きました。  ご来場下さった小馬谷 生美さんから、¥5,000~を、 「じいたん子ども基金」 にお預かりし、ほか、ビール共通券を頂きました。   お気持ちが嬉しいです。  本当にありがとうございました。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

       

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9224

コメント

遠軽町の白幡です。
昨日はチカホで演奏を聴かせていただきありがとうございました。
祈りが込められた愛溢れる演奏に涙が溢れてきました。
また遠軽にもいらしていただきたいのでよろしくお願いいたします!

じいたん基金に振込みしようとしたら該当口座なしとなっていましたが、口座番号の変更等ありましたでしょうか?

お返事ありがとうございます。
口座番号の最後の0を見落としていました!
少しですが入金いたしましたので、何かに役立てて頂けたら幸いです。

遠軽での公演についてまたご相談させていただきますのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m
お忙しい毎日でしょうがご自愛ください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)