大震災チャリティ (386-3) <別れは中部国際空港セントレアで>

2018年03月13日

" じいたん、昼メシ、ウナギはどう? "   セントレア空港で札幌便のチェックイン手続きが完了すると、了禅さんが誘ってくださいました。   この空港のレストラン街は人が多く、明るくてとても賑やかです。  

DSCN1379.JPG

うなぎ屋さんの店内は満席状態だったので、入口付近に置いてあるノートに名前と人数を書くと、店員さんがメニューを持って注文をとりにきました。   

DSCN1377.JPG了禅さんは、ひつまぶし定食と、小生には聞かずに生ビールを注文してくれました。   よく分かっているお人です。

DSCN1385.JPG

DSCN1389.JPG4泊5日のチャリティ ツアー。   きびしい旅のスケジュールの中でも、楽しさいっぱいだったお坊さん3人と奥さんたちとの交流。   

大阪、観福寺の花岡祐宣住職夫妻とのお別れは観福寺で。   和歌山、観音寺の菅っす親子とは大阪難波駅の近鉄特急のホームで。   旅の様々な感動を心に刻み、四日市、大師の寺の了禅さん夫妻と坊やとはセントレア空港で。  

お別れの時がきました。

DSCN1394.JPG

DSCN1396.JPG搭乗口で検査を済ませ、搭乗待合所に向かう途中で振り向くと、遠くて微かにしか見えない了禅さん、美香さんが、大きく、ゆっくり左右に手を振っていました。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9157

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)