大震災チャリティ (386-2) <素敵なお坊さん一家>

2018年03月12日

(386) の終演後は、住職、立葉了禅さんが洋食屋さんに連れていってくださいました。  息子さん2人も同席して、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

店まで送って下さった美香夫人、 " じいたん、きっと気に入りますよ。  最高の肉だから。 "  その言の通り!  ビーフのヒレ肉焼きはもう最高!  こんなとろけるようなやわらかなビーフのヒレ肉は、81年もこの世にいて食べたことがありませんでした。   四日市に近い松坂牛だったのかもしれません。

長男の広倫クンは修行僧。  高野山から降りて来ちゃって肉をおいしそうに食べていました。  次男坊はお父さんの跡を継がないそう。  仲良し兄弟、明るい若者。  母親の美香さんも明るい素敵なお方。  立葉家は素敵なご家族です。

DSC_9565.JPG4泊5日のこの旅行、毎日がすてきなサパーでした。  ちょいと辛いな・・と思ったのは二日酔いで練習している時だけ。  普段通り早寝早起きは実行できたし、よく眠れたし楽しいことばっかりでした。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

  

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9154

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)